「こども文化センター」ってどんなところ?

「こども文化センター」ってどんなところ?

「こども文化センター」(児童館)は、児童がすこやかに育ちゆく願いをこめて、児童の地域での遊びの拠点として、また児童の健全育成を目指して設置されています。おおむね、川崎市内の中学校区にひとつずつあり、中原区内は10カ所にあります。

0歳から18歳未満までの児童なら誰でも利用できる施設ですが、未就学児の利用は保護者の同伴が必要です。利用には事前の申し込みや登録は必要ありません。また、青少年の健全育成や市民活動に携わる地域の方も利用ができます。(利用方法については、各こども文化センターにお問い合わせください)

今回は、「小杉こども文化センター」を取材しました。


小・中・高校生の居場所づくりとは?

施設によって違いますが、「小杉こども文化センター」(以下、「小杉こ文」)は乳幼児の親子や小学生の利用が多いです。

また、コスギサードアヴェニューという商業施設内にあるため、親子で買い物をし、そのまま遊びに来る方も多く、平日の午前中は乳幼児親子で賑わっています。さらに学校が終わった午後からは、小学生が増えてますます賑やかなようです。

こども文化センターは小学生、中学生、高校生の居場所づくりとして、児童が安心かつ安全に利用できるスペースを提供しています。

昔のように隣近所がみえるお付き合いというのが少なくなっている現状で、共働き家庭の増加や少子化など、どうしても自宅で、一人でいなければならない子どもが増えています。タワーマンションが立ち並ぶ環境で、子どもたちが安心していられる居場所を提供しているのが「小杉こ文」です。

さらにASCL(アスクル:アフター・スクール・チルドレン・ランド)という制度があります。こども文化センターの利用は、放課後、一度家に帰ってからが原則ですが、ASCLに登録(申込み)をすると、学校から直接来館し、利用することができます。

児童が自ら考え主体的に判断し、行動できる力を身につけられるよう、児童の自主性を尊重するとともに、自宅が遠方でもASCLを利用することで各種行事への参加ができ、仲間づくりや体験ができるなど、遊びを中心とした健全育成活動を行っています。

もちろん、各小学校とも、基本は授業が終われば寄り道をせずにまっすぐ家に帰るというスタイルは、今も変わりません。

図書室&学習室

毎月様々な行事が催される

「小杉こ文」の様々な行事の中で、毎月開催しているのが、地域の方が講師で来てくださる囲碁クラブとけん玉タイムです。けん玉検定も行い、子どもたちが技を伸ばしています。

それ以外では、「敬老の日」にちなんで「ありがとう工作」と行事名を付け、眼鏡ストラップをビーズで作ったり、「ハロウィン」や「クリスマス」といった、季節を感じとれるような行事を組み立てています。

一方で、子どもの自主性を尊重するということで、仲間づくりができるように、色々な種類のボードゲームやカードゲームなども施設に置いてあり、図書室にはマンガや小説、参考書などがたくさん並んでいるため、自分で自由に選んで、自分のやりたいことを好きな場所でやることができます。

その中で、スタッフが講師としてゲームのやり方などを教えることはもちろんあります。卓球などもできる部屋があるので、一緒にやりながら教えてあげることもあります。

また、子育て支援の一環としては、地域の保育士さんと連携し、どこに相談をしたら良いのか分からない子育ての悩みや、友だちができにくいという乳幼児親子のために、毎月、パパママパークやママの相談会、手遊びなどの行事も開催しています。こういった行事は、ママ友・パパ友仲間をふやすことにもつながります。

乳幼児室

保育サークルや青少年団体・市民活動団体も利用可能

「小杉こ文」には、学習室&図書室、音楽室、集会室、乳幼児室、遊戯室、多目的室、飲食スペースがあります。集会室は運動ができる部屋で、卓球やスポンジテニス、バトミントンなどができます。

遊戯室は、自分が持ってきたゲームなどでも自由に遊べるような部屋です。もちろん施設の遊具でも遊べます。多目的室は、壁一面にガラスが貼ってある部屋で、ダンスの練習などができますが、会議などでも使えるようになっています。

乳幼児室は、小学校に上がる前までの幼児が使える部屋で、遊具は室内にあり、全て消毒をしています。また、転倒してもけがをしないよう、床一面にマットを敷いています。

さらに自主的幼児サークルの支援もしています。親御さんたちが交流や子育ての情報交換などの目的で幼児サークルなどを作り、活動場所を探していると相談があった場合は、平日の午前中(小学校の長期休暇や休校日を除く)であれば小学生の利用がないので、団体登録をしていただき、集会室や多目的室を貸し出すということをしています。

また、「小杉こ文」を広く利用してもらうために、子ども会やジュニアリーダーなどの青少年団体や、地域でボランティア活動や社会の課題解決に貢献している市民活動団体に集会室などを利用していただいています。

集会室

●開館日時
年末年始(12月29日から1月3日)を除く毎日
午前9時30分~午後9時
日曜日・祝日は午後6時まで
●利用対象について
0歳~18歳未満の児童
未就学児の利用は、保護者の同伴が必要です。
午後6時以降は、中学生以上が利用対象となります。ただし、保護者同伴であれば小学生以下の利用も可能です。
児童健全育成に携わる地域の方々
市民活動に携わる地域の方々

■中原区のこども文化センター一覧(10カ所、概要、住所、地図)
https://www.city.kawasaki.jp/kurashi/category/17-2-10-15-3-0-0-0-0-0.html

この記事のライター

関連する投稿


ひとり親家庭の日常生活や育児を支援する「エンゼルパートナー制度」とは

ひとり親家庭の日常生活や育児を支援する「エンゼルパートナー制度」とは

川崎市では、母子・父子家庭や寡婦の方々が日常生活や子育てで直面する困難を支援する「ひとり親家庭等日常生活支援事業(エンゼルパートナー制度)」を行っています。この記事では、「エンゼルパートナー制度」について詳しくご紹介します。


川崎市教育委員会が「学校サポーター」の有償ボランティアを募集!

川崎市教育委員会が「学校サポーター」の有償ボランティアを募集!

川崎市教育委員会の「特別支援教育サポート事業」と「教育活動サポーター配置事業」では、有償ボランティアとして活動する学校サポーターを募集しています。この記事では、学校サポーターの役割や応募方法、研修についてご紹介します。


多岐にわたる子育て支援を提供する中原区の「中央療育センター」

多岐にわたる子育て支援を提供する中原区の「中央療育センター」

中央療育センターは、育児中のご家族にとって、子どもの発達や心配事を相談することができる心強い味方です。地域支援、通園、診療所、心理、リハビリテーション、入所まで、その支援は多岐にわたります。この記事では、地域療育センターの基本情報から利用方法やお問い合わせ先まで詳しくご紹介します。


「交流保育」&「親子でランチ」で中原区の保育園を親子で体験!

「交流保育」&「親子でランチ」で中原区の保育園を親子で体験!

中原区の公立保育園3園(中原保育園・下小田中保育園・中丸子保育園)では、親子で保育園生活を体験できる「交流保育(ランチなし)」や「親子でランチ」が開催されています。この記事では、「交流保育」の内容や参加方法などをご紹介します。


「定期予防接種」の基本条件と新生児や転入時の手続き

「定期予防接種」の基本条件と新生児や転入時の手続き

川崎市の定期予防接種は無料で受けることができますが、そのためにはいくつかの条件と手続きが必要です。この記事では、予防接種を受けるための基本条件の他、お子さんが生まれた方や転入してきた方向けの条件や手続き方法などをご紹介します。


最新の投稿


発達障害を手がかりに社会課題の解決を目指す橋口亜希子さん

発達障害を手がかりに社会課題の解決を目指す橋口亜希子さん

ひとくちに発達障害と言っても、様々な症状があります。そんな発達障害を手がかりにユニバーサルデザインのコンサルタントとして活動する中原区在住の橋口亜希子さん。発達障害を通じて色々な社会課題が見えてくるし、発達障害の人たちの処世術や生き方が、社会課題を解決する糸口になると提唱しています。


ひとり親家庭の日常生活や育児を支援する「エンゼルパートナー制度」とは

ひとり親家庭の日常生活や育児を支援する「エンゼルパートナー制度」とは

川崎市では、母子・父子家庭や寡婦の方々が日常生活や子育てで直面する困難を支援する「ひとり親家庭等日常生活支援事業(エンゼルパートナー制度)」を行っています。この記事では、「エンゼルパートナー制度」について詳しくご紹介します。


川崎市教育委員会が「学校サポーター」の有償ボランティアを募集!

川崎市教育委員会が「学校サポーター」の有償ボランティアを募集!

川崎市教育委員会の「特別支援教育サポート事業」と「教育活動サポーター配置事業」では、有償ボランティアとして活動する学校サポーターを募集しています。この記事では、学校サポーターの役割や応募方法、研修についてご紹介します。


多岐にわたる子育て支援を提供する中原区の「中央療育センター」

多岐にわたる子育て支援を提供する中原区の「中央療育センター」

中央療育センターは、育児中のご家族にとって、子どもの発達や心配事を相談することができる心強い味方です。地域支援、通園、診療所、心理、リハビリテーション、入所まで、その支援は多岐にわたります。この記事では、地域療育センターの基本情報から利用方法やお問い合わせ先まで詳しくご紹介します。


「フロール元住吉」でユニークなコミュニティを築く「TONARINO.」

「フロール元住吉」でユニークなコミュニティを築く「TONARINO.」

集合住宅「フロール元住吉」には、管理人兼コミュニティマネージャーの「守人」が常駐し、住民同士のつながりを紡ぎ出しています。また共用部には、カフェ&レンタルスペースがあり、イベント開催など複合的な運営をしているとか。運営に携わるHITOTOWA INC.の田中宏明さんと(株)Yuinchuの大石七奈さんにお話を伺いました。