急な就労や病気のピンチに中原保育園の「一時預かり保育サービス」

急な就労や病気のピンチに中原保育園の「一時預かり保育サービス」

川崎市中原区にある中原保育園では、保護者の急な就労や病気・ケガなどで、家庭での保育が緊急・一時的に困難な場合、子どもの「一時預かり保育サービス」を提供しています。中原保育園のこの保育サービスについて、詳しくご紹介します。


一時預かり保育サービスについて

実施施設

中原保育園では、保護者の就労や病気・けが・リフレッシュなどの理由で、家庭での保育が難しい時に利用できる一時預かり保育サービスを提供しています。

このサービスは、突発的な仕事や緊急事態だけでなく、保護者の自己啓発や休息の時間確保のためにも活用できます。

一時預かり保育を利用することで、子どもは新しい環境や同年代の子どもたちとの交流を楽しむことができ、保護者は安心して必要な時間を確保できます。

  • 施設情報:中原保育園(川崎市営認可保育園)
  • 施設住所:川崎市中原区小杉陣屋町2-3-1
  • 電話番号:044-733-3835
  • 受付時間:平日 9:00〜17:00

サービス内容

  • 対象児童:生後5ヶ月〜就学前(保育の必要な児童)
  • 利用区分:非定型的保育、緊急・一時保育
    ※原則、保育所に通っていない児童で一時的に家庭で保育ができない場合
  • 定員: 一日あたり10人(内、1歳未満児の利用は原則2人まで)
  • 利用日時:月曜日〜金曜日の8:30〜17:00(国民の祝日、年末年始は除く)
  • 利用料金:
    1歳未満児 1日2,900円
    3歳未満児 1日2,500円
    3歳以上児 1日1,500円
    ※給食・おやつを利用する場合は別途1日300円が必要
    ※年齢区分は4月1日の満年齢による(ただし1歳未満児は1歳の誕生日の前日まで)
    ※利用料金は家庭の状況に応じて、減免制度もあります。

一時預かり保育のご案内(PDF形式, 278.04KB)

子育て家庭の強い味方!中原保育園の一時預かり保育サービス

一時預かり保育サービスの利用方法

申し込みの流れ

1.初回登録

一時預かり保育の利用希望者は、最初に電話(044-733-3835)または来所にて利用確認を行ったうえで【中原区】一時預かり事業登録票の入力フォームより登録手続きを行います。

2.利用日の確認(予約)

申込開始日は、入力フォームからの受付のみとなります。初日は多数の方が申し込みをされるため、抽選で仮予約申込み手続きをし、抽選となります。

2日目以降は電話または来所にて申込みいただけますが、抽選対象外となります。現在利用希望者が多いため、申込初日で満員になる場合もあります。

【令和6年、令和7年の申込み開始日】

  • 令和6年4月〜6月の利用:申込み終了
  • 令和6年7月〜9月の利用:5月1日(水)9:00〜17:00
  • 令和6年10月〜12月の利用:8月1日(木)9:00〜17:00
  • 令和7年1月〜3月の利用:11月1日(金)9:00〜17:00
  • 令和7年4月〜6月の利用:2月3日(月)9:00〜17:00

※申し込み開始当日の電話・来所での受付は不可となっています。

【抽選結果について】

登録が完了すると受付初日の17時以降に抽選が実施されます。抽選結果は翌日17時までに中原区保育・子育て総合支援センター内の掲示板とホームページに掲載されます。(抽選は登録完了メールに記載されている受付番号で実施されます)

3.利用日調整と確定・申請

入力フォームに記載した利用希望日を元に、抽選番号順に利用日の調整が行われ、利用可能日がメールにて届きます。調整日に変更がない場合は、一時預かり利用申請フォームを記入します。利用が確定すると「利用承認通知書」が渡されます。

初めて一時預かり保育を利用する場合は、中原保育園の職員との面談が行われます。面談日の調整について連絡が入るので日程が決定次第、面談日までに登録フォームと利用申請フォームの入力を済ませましょう。

【面談時に必要な書類】

  • 一時預かり利用申込書(入力フォーム
  • 緊急連絡票・プロフィール票
  • 減免対象の方それに付随する書類
  • 非定型的保育利用の方は就労・就学証明書、健康診断書
    ※利用区分等によって必要な書類が異なります。

詳しくは、抽選から利用までの流れ(PDF)中原保育園 一時預かり事業をご覧ください。

子育て家庭の強い味方!中原保育園の一時預かり保育サービス

利用の流れ

利用については、利用申込み開始の初日のみ、仮予約申込み手続きを抽選で決める流れとなっています。一時預かり保育の予約は、利用希望日の前日17:00までに電話または、窓口(来所)で行う必要があります。

  1. 仮予約(利用日の確認)
    電話または来所にて空き状況を確認し仮予約する(平日9:00〜17:00)
  2. 予約
    一時預かり事業利用申請フォームに入力
  3. 予約完了
    ※キャンセルの場合には電話連絡が必要
    【電話】044-733-3835

この記事では、川崎市中原区にある中原保育園の一時預かり保育サービスについてご紹介しました。一時預かり保育を利用するには、事前の申込みや面接などが必要になります。また、申込開始日も決まっているので、利用を希望される場合には必要事項や日時をしっかりと確認しておきましょう。

【関連情報】

この記事のライター

関連する投稿


ひとり親家庭の日常生活や育児を支援する「エンゼルパートナー制度」とは

ひとり親家庭の日常生活や育児を支援する「エンゼルパートナー制度」とは

川崎市では、母子・父子家庭や寡婦の方々が日常生活や子育てで直面する困難を支援する「ひとり親家庭等日常生活支援事業(エンゼルパートナー制度)」を行っています。この記事では、「エンゼルパートナー制度」について詳しくご紹介します。


川崎市教育委員会が「学校サポーター」の有償ボランティアを募集!

川崎市教育委員会が「学校サポーター」の有償ボランティアを募集!

川崎市教育委員会の「特別支援教育サポート事業」と「教育活動サポーター配置事業」では、有償ボランティアとして活動する学校サポーターを募集しています。この記事では、学校サポーターの役割や応募方法、研修についてご紹介します。


多岐にわたる子育て支援を提供する中原区の「中央療育センター」

多岐にわたる子育て支援を提供する中原区の「中央療育センター」

中央療育センターは、育児中のご家族にとって、子どもの発達や心配事を相談することができる心強い味方です。地域支援、通園、診療所、心理、リハビリテーション、入所まで、その支援は多岐にわたります。この記事では、地域療育センターの基本情報から利用方法やお問い合わせ先まで詳しくご紹介します。


「交流保育」&「親子でランチ」で中原区の保育園を親子で体験!

「交流保育」&「親子でランチ」で中原区の保育園を親子で体験!

中原区の公立保育園3園(中原保育園・下小田中保育園・中丸子保育園)では、親子で保育園生活を体験できる「交流保育(ランチなし)」や「親子でランチ」が開催されています。この記事では、「交流保育」の内容や参加方法などをご紹介します。


「定期予防接種」の基本条件と新生児や転入時の手続き

「定期予防接種」の基本条件と新生児や転入時の手続き

川崎市の定期予防接種は無料で受けることができますが、そのためにはいくつかの条件と手続きが必要です。この記事では、予防接種を受けるための基本条件の他、お子さんが生まれた方や転入してきた方向けの条件や手続き方法などをご紹介します。


最新の投稿


発達障害を手がかりに社会課題の解決を目指す橋口亜希子さん

発達障害を手がかりに社会課題の解決を目指す橋口亜希子さん

ひとくちに発達障害と言っても、様々な症状があります。そんな発達障害を手がかりにユニバーサルデザインのコンサルタントとして活動する中原区在住の橋口亜希子さん。発達障害を通じて色々な社会課題が見えてくるし、発達障害の人たちの処世術や生き方が、社会課題を解決する糸口になると提唱しています。


ひとり親家庭の日常生活や育児を支援する「エンゼルパートナー制度」とは

ひとり親家庭の日常生活や育児を支援する「エンゼルパートナー制度」とは

川崎市では、母子・父子家庭や寡婦の方々が日常生活や子育てで直面する困難を支援する「ひとり親家庭等日常生活支援事業(エンゼルパートナー制度)」を行っています。この記事では、「エンゼルパートナー制度」について詳しくご紹介します。


川崎市教育委員会が「学校サポーター」の有償ボランティアを募集!

川崎市教育委員会が「学校サポーター」の有償ボランティアを募集!

川崎市教育委員会の「特別支援教育サポート事業」と「教育活動サポーター配置事業」では、有償ボランティアとして活動する学校サポーターを募集しています。この記事では、学校サポーターの役割や応募方法、研修についてご紹介します。


多岐にわたる子育て支援を提供する中原区の「中央療育センター」

多岐にわたる子育て支援を提供する中原区の「中央療育センター」

中央療育センターは、育児中のご家族にとって、子どもの発達や心配事を相談することができる心強い味方です。地域支援、通園、診療所、心理、リハビリテーション、入所まで、その支援は多岐にわたります。この記事では、地域療育センターの基本情報から利用方法やお問い合わせ先まで詳しくご紹介します。


「フロール元住吉」でユニークなコミュニティを築く「TONARINO.」

「フロール元住吉」でユニークなコミュニティを築く「TONARINO.」

集合住宅「フロール元住吉」には、管理人兼コミュニティマネージャーの「守人」が常駐し、住民同士のつながりを紡ぎ出しています。また共用部には、カフェ&レンタルスペースがあり、イベント開催など複合的な運営をしているとか。運営に携わるHITOTOWA INC.の田中宏明さんと(株)Yuinchuの大石七奈さんにお話を伺いました。