自由に踊れるダンスで違いを楽しむ「ダンサンブル」

自由に踊れるダンスで違いを楽しむ「ダンサンブル」

初心者でも自由に踊ることができるダンスを通じ、自分の身体表現を肯定していくことで、他人の身体表現との違いをも楽しむことができる…そんな互いに肯定しあう場がダンサンブル。だから、レッスン中も笑いが絶えないとか。主宰者の藤平真梨さんにお話を伺いました。


型も正解もないコンテンポラリーダンスに人が集まる

―原点は新体操だそうですね

藤平:小学校で新体操を始めて、競技にもよく出ていましたが、「選手コースに行くなら、クラシックバレエを習ってください」と言われて、近くのバレエ教室に行きました。

 

新体操というのは細かく点数が付きますが、バレエにはそれがないことが子ども心に衝撃で、美しいことが基準ということではまってしまい、新体操はやめて小学校2年生の時にバレエの道に進みました。

―今、活動しているコンテンポラリーダンスとの出会いは

藤平:高校を卒業してオーストラリアに留学しているときに出会ったダンスの先生が、衝撃的に自由なダンスをする人で、それがコンテンポラリーダンスとの出会いでしょうか。また、日本でもコンテンポラリーダンスの作品と出会うことが結構あって、色々な舞台を観に行くようになって、型も正解もない自由なコンテンポラリーダンスにじわじわとのめりこんでいきました。

―ダンサンブル結成の経緯は

藤平:コンテンポラリーダンサーとして活動していましたが、「ダンスを踊りたいけれど、どうすれば踊れるか分からない」という方が、私の周りに3人同時期に偶然いて、「それじゃ、クラスでもやりますか?」という感じでレッスンを始めました。

 

そのクラスで「日常の動きなどもダンスになるんですよ、自由なんですよ」と言っていたら、だんだん人が増えてきて、その人たちの動きが本当に面白くて、「これは皆さんの動きを集めて舞台にできる!」ということになりました。

―ダンサンブルという団体名の由来は

藤平:ダンサンブル(Dancénsemble)は、ダンスとアンサンブルを掛け合わせています。様々な楽器が一曲を奏でるアンサンブルみたいに、色々な価値観やバックグラウンドをもつ人が集まって一つのダンスを作ったり、一つの場を作るようになっていったらいいなと思ってつけました。また、フランス語では「一緒に踊ろう」という意味だそうです。

多種多様なクラス・ワークショップを展開

―クラス・ワークショップはどのようなものがあるのでしょうか

藤平JR南武線向河原駅のすぐそばにあるNECの公開空地で、NECプロボノ倶楽部さんと中原区役所さんとダンサンブルが一緒になって、色々な方が交流できる場を作ろうと、「誰でも踊れるコンテンポラリーダンスワークショップ」を開催しています。

 

中原区役所さんは、高齢者の孤立化をなくそうという一環で、高齢者の方が来て踊ることを意図していましたが、やっていくうちに子どもたちが参加したり、車いすの方がいらしたり、色々な方に参加していただいています。

 

このワークショップには、ぜひ一度参加してほしいですね。毎月、第3土曜日の午前11時~12時にやっています。無料ですし、予約も必要ありません。このワークショップが、一番、ダンサンブルらしいかなと思います。

 

あとは「作品づくりワークショップ」というのがあって、こちらはダンサンブルが出演する舞台の作品を創っていくワークショップです。今年は76日(土)に自主公演がありますが、それに向けて作品を創り上げていきます。このワークショップもとても人気があります。

 

この2のワークショップは自由に踊ることが多いのですが、自由なダンスが苦手な人もいます。逆に型が決まっている方が気持ちがいい人もいるので、バレエのクラスやタップダンス、ヨガといった型のあるクラスも開催して、どちらでも参加できるようにしています。

老若男女が集う「誰でも踊れる!コンテンポラリーダンスワークショップ」

訪問ワークショップで人が集まるところに乗り込む

一方、私としては、全国の人に踊ってもらいたいなと思っていて、人が集まっているところに私が行ってしまおうと去年から頑張っています。小学校や高校、福祉施設あるいは企業さんにも出向くようになってきていて、「踊りってどうやるの?」という人がいっぱいいるところに、「はい、やるぞー!」と乗り込んで、訪問ワークショップをしています。

―どういう形の訪問ワークショップがあるのですか

藤平基本的には身体を動かすことを楽しんだり、参加者同士の距離感を縮めていったりすることを目的に、参加者の自由な発想で踊るような内容が多いです。また訪問先の要望や課題感に合わせてアレンジができます。たとえば、福祉関連の企業さんは色々な施設のリーダーを集めて、リーダーシップをとるとはどういうことなのかということをコンセプトにワークショップを進めてくださいという依頼がありました。ケースバイケースで柔軟に対応しています。

―舞台表現も活動の柱の一つですね

藤平:舞台って、表現する人が舞台上にいて、観客も必ずいます。プロのダンサーたちの舞台だと、一糸乱れずすごい動きをしたりして、観客もすごいなぁと観ると思うのですが、ダンサンブルの舞台はちょっと違っていて、ダンスが初めての人などがありのままに表現している姿が、観客にとってとても距離感が近いのだと思います。

 

お客さんにはパフォーマンスを観ることで元気をもらっていただき、最後は必ずお客さんにも一緒に踊ってもらうんです。ですから、舞台ですが、観るだけではないんです。最終的には出演者も観客も垣根なく踊っていて、お互いにエンパワメントし合っている、そういう意味で舞台はダンサンブルにとって、大きなパワーの源ですね。

―ダンサンブルのレッスンは笑いが絶えないそうですね

藤平:本当にお腹が痛いくなるほど笑いますね。結構、自己表現って恥ずかしいじゃないですか。やるのも恥ずかしいし、見られるのも恥ずかしいし。それをシリアスに捉えると辛いですが、みんなで笑っちゃってると楽しくなります。

 

ダンサンブルが笑いの絶えない場になっているというのは、参加者の皆さんが、本当に面白くて優しい人ばかりだからです。嫌なことをいう人もいないし、風通しが良くて、すごくいい雰囲気です。だから、ちょっと間違っていても、「オッケー、ドンマイ!」みたいな感じで終わっています。

笑いが絶えないレッスン

自分にも他人にもOKサインを出して楽しみあう

―多様性を大事にされていますね

藤平:ダンサンブルをやりたいなと思った理由の一つが、18歳でオーストラリアに留学していましたが、日本に帰国したときに少し雰囲気が暗いな〜と思ってしまったんです。みんながそれぞれに「あー、楽しいな。自分らしく生きてるな」と思って生きていたら、もうちょっと明るい雰囲気になるなと思ったのです。

 

身体表現というのは、自分にOKを出していないと身体を動かせません。すごく恥ずかしいので、自分で自分に「この動きもOKだよ」とサインをだしていかないと踊れないんです。自分の動きや自分の存在を「まぁ、いいか!」とか「OKOK」とかしていかないと身体表現はできません。

自分にOKを出してあげる時間が多いと、日々の生活の中で自分のこと、そして他人のことも、否定せずに寛容な気持ちで捉えられるようになってくると思います。反対に、自分のことを、「これもダメだ」、「こんな格好、すごくダサい」とか否定しちゃうと、たぶん、他人のことも否定的に捉えてしまいがちだと思います。

 

だから、「変かもしれないけど、いいよ!」という感じで、自分を認めてあげる。そして自分だけでなくて隣の人も肯定的に認めてあげると、お互いのいい面が見えてくるんですね。そして最終的にひとつの表現をみんなで創り上げていく中で「じゃ、もうちょっとこうしていこう」と対話が生まれるのが、ダンサンブルの空気だと思います。

 

多様性を大事にするというと堅苦しいですが、お互いに楽しみあうということが好きだし、そういう環境でいたいなと思います。

―今後の展開はどう考えていますか

藤平:舞台活動は出演する人も観に来る人もとてもパワーをもらえるので、コンスタントに続けていきたいと思っています。もちろん、母体としてクラス・ワークショップも。また私たちが出向く訪問ワークショップなどの活動をもっと増やしていきたいと思っています。

―読者へのメッセージをお願いします

藤平:ダンサンブルに興味を持ってくださった方は、クラスやワークショップに参加するとか舞台を観に来るとか、ボランティアメンバーとして一緒に活動してみるとか、色々な方法があるので、どんな形であれ、関わっていただければ嬉しいです!

 

ホームページにどんなクラスやワークショップがあるか、また、舞台公演情報も載っているので、ぜひ、そちらをご覧ください。よろしくお願いします!

ダンサンブル・ホームページ:https://www.dancensemble.com/

この記事のライター

現代社会は、地縁、血縁、社縁(職場の縁)が希薄になり、個々人がバラバラに分断され、多くの人が孤立するようになりました。そんな社会を修復するにはどうすればいいか。その一つの解が、新たなコミュニティを創造することだと思っています。

関連する投稿


武蔵小杉のエンターテナーAshさんの「人生劇場」

武蔵小杉のエンターテナーAshさんの「人生劇場」

武蔵小杉在住で、俳優業、文筆業、琵琶語りと多才ぶりを発揮しているAsh(アッシュ)さん。東京藝術大学時代に演出家の宮城聰さんと出会い、彼の劇団で本格的に演出を学んだとか。現在は、もっぱら俳優として演劇を追求しつつ、Yahoo!ニュースのライターとして、地域の文化情報を発信する日々だそうです。


マーケティングを駆使してコミュニティを開拓する土倉康平さん

マーケティングを駆使してコミュニティを開拓する土倉康平さん

今や5000人を超えるメンバーを集めるFacebookコミュニティ「中原おうちごはん」を立ち上げ、武蔵新城では、マスター&ママが日替わりで交代するユニークなバー「新城サカバー」を開き、コミュニティをどんどん開拓している「つっちー」こと土倉康平さん。その背景には、本業のマーケティング・コンサルタントとしてのセンスとロジックがあるようです。


武蔵新城の大家として街をプロデュースする石井秀和さん

武蔵新城の大家として街をプロデュースする石井秀和さん

武蔵新城の地主で大家として不動産業を営む石井秀和さん。バブルがはじけてから家業を継いだ際には、どうしたらお客さんをつかまえられるかと悩んだ日々だったそうですが、今は武蔵新城に住みたい人を増やせば、自社の物件も自然に決まるはずだと、街全体の魅力を高めることに注力しているとか。街のプロデューサーとしてお話を伺いました。


お父さん同士のつながりで地域を豊かにする「川崎パパ塾」

お父さん同士のつながりで地域を豊かにする「川崎パパ塾」

パパとして自分を育てる学びの場が「川崎パパ塾」。「市民講師」として、お父さん同士が講師になって自らの経験を話すことで、切磋琢磨しているそうです。14年の長きにわたって活動してきましたが、無理に後継者を育てようとはしていないとか。代表の市川毅さんにお話を伺いました。


発達障害を手がかりに社会課題の解決を目指す橋口亜希子さん

発達障害を手がかりに社会課題の解決を目指す橋口亜希子さん

ひとくちに発達障害と言っても、様々な症状があります。そんな発達障害を手がかりにユニバーサルデザインのコンサルタントとして活動する中原区在住の橋口亜希子さん。発達障害を通じて色々な社会課題が見えてくるし、発達障害の人たちの処世術や生き方が、社会課題を解決する糸口になると提唱しています。


最新の投稿


ウォーキングアプリ「かわさきTEKTEK」で歩いて貯めて寄付しよう!

ウォーキングアプリ「かわさきTEKTEK」で歩いて貯めて寄付しよう!

川崎市の「かわさきTEKTEK」は、歩数に応じたポイントを地域の小学校に寄付できるウォーキングアプリです。寄付で特典が得られ、家族全員が楽しく健康維持をしながら、地域に貢献できる仕組みです。この記事では「かわさきTEKTEK」の機能や使い方についてご紹介します。


武蔵小杉のエンターテナーAshさんの「人生劇場」

武蔵小杉のエンターテナーAshさんの「人生劇場」

武蔵小杉在住で、俳優業、文筆業、琵琶語りと多才ぶりを発揮しているAsh(アッシュ)さん。東京藝術大学時代に演出家の宮城聰さんと出会い、彼の劇団で本格的に演出を学んだとか。現在は、もっぱら俳優として演劇を追求しつつ、Yahoo!ニュースのライターとして、地域の文化情報を発信する日々だそうです。


子どもや保護者のお悩み相談サービス「かながわ子ども家庭110番LINE」

子どもや保護者のお悩み相談サービス「かながわ子ども家庭110番LINE」

「かながわ子ども家庭110番相談LINE」は、子どもの悩みや親子関係について、安心して相談できるLINEサービスです。このサービスは、神奈川県に住む子どもや保護者の方を対象としており、専門の相談員が無料で対応しています。この記事では、「かながわ子ども家庭110番相談LINE」の利用方法や注意点について詳しくご紹介します。


「かわさき電子図書館」で電子書籍を利用する!

「かわさき電子図書館」で電子書籍を利用する!

川崎市には、市内在住・在勤・在学の方が誰でも利用できる「かわさき電子図書館」があります。この記事では、「かわさき電子図書館」の利用方法や貸出・予約手続きについて詳しくご紹介します。


保育所と幼稚園はどう違うの?

保育所と幼稚園はどう違うの?

小学校に入学する前に幼稚園へ行かせたいという保護者の方は多いのではないでしょうか?そもそも保育所と幼稚園の違いは何なのか調べてみました。