「子育てサロン・子育てふれあい広場」ってどんなところ?

「子育てサロン・子育てふれあい広場」ってどんなところ?

子育てサロン(以下、サロン)は、平成15年度から、孤立しがちなお母さん方が地域に出ることで、ほかの子育てをしているお母さんとの友達づくりができ、民生委員児童委員の方や、保健師、保育士などとの交流ができる場として開催されています。

一方、子育てふれあい広場は、サロンと趣旨は変わりませんが、自主的に子育て支援を行っているボランティアの方々によって運営されています。

今回は、子育てサロン・子育てふれあい広場の事務局である中原区役所地域ケア推進課の方にお話を伺いました。


保健師や栄養士、保育士などの専門職もフォローアップ

サロンは、主に乳幼児が対象となっています。地域に根差しているため、お母さん方も行きやすいというお話をよく耳にします。出産後、サロンが最初に子どもを連れて外に出る場所というお母さんも多く、お父さんが参加されていることもあります。

サロンの内容は会場によって様々ですが、初めに区役所の保健師や栄養士、歯科衛生士による感染症や離乳食、歯の健康の話、地域の保育園の保育士によるふれあい遊びなどを行い、その後、フリートークという形で親御さん同士がグループになって、おしゃべりをするという会場が多いです。

サロンに来る保健師は、お子さんの健康全体の話をされるのですが、スタッフが話のテーマを設けてお願いするパターンと、サロンへの参加申込みの際に、お母さんたちから相談を受け付けて、それを保健師さんに伝えて、フィードバックしてもらうパターンがあります。

親子でゆったりくつろぐ

保健師や栄養士などの参加は、講話をする時だけ来る会場もあれば、毎回来る会場もあります。また、すぐ相談ができるように、参加者のお母さん方の会話の中に入ることも多いです。

季節の行事として、クリスマスに地域の方がサンタクロースになったり、七夕に笹の葉を出したりしています。ひな祭りでは、ひな壇を家では飾れないというご家庭もあるので、ひな壇を飾って記念撮影をしたり、みんなで歌を歌ったりしています。

サロンによっては予約制が必要な会場と予約が必要ではない会場があり、およそ半々です。参加方法についての詳細は区役所ホームページをご覧ください。

コロナ禍だからこそ子育てサロンを必要とする人に

コロナ禍では、人と接触する機会がとても減ってしまい、大勢で一緒に食事をとることができなくなるなど、子育ての最初の段階で、人との交流が持てないお母さん方が多く、参加者からは次のような声があがっていました。

「縁もゆかりもない土地での子育てに加えてコロナ禍。実質ひとりでの子育てに不安いっぱいでしたが、子育てサロンこすぎへの参加をきっかけに輪が広がり、当初は想像し得なかった地域とのつながりを実感しています。いつにも増して周囲とのつながりが希薄になりうる状況下での開催はとてもありがたいものでした。」(20周年記念誌『子育てはみんなの“ちから”で』より)

大戸地区ではコロナ禍でサロンの開催が中止になってしまったため、オンラインでのサロンを始めました。オンラインでつながれば、お店で会った時や公園で会ったときに声をかけやすいから、と参加された方からも好評でした。

もちろん、どの地区もオンラインでサロンを開催できたというわけではなく、いったん中止になった会場もありますが、少人数でもやろうという形で、丸子地区を皮切りに、対面でのサロンが次々に再開されていきました。

なかなかコロナウィルスの感染が収まらず、自分も不安、家族も不安といった状況下で、サロンを廃止するという選択肢もありましたが、スタッフの皆さんの想いが強く、現在もサロンを続けています。

絵本の読み聞かせも

「子育てふれあい広場」はボランティアが地域の特色を生かして運営

サロンの主催は「子育て支援推進実行委員会」で、中原区社会福祉協議会・民生委員児童委員協議会・中原区役所で構成されており、地域のボランティアの方にお手伝いいただいているサロンもあります。

スタッフはシニア世代の方が中心ですが、最近はお仕事をされながらでも携わることができるように業務内容も変化していて、実際、幼稚園に通うお子さんを育てながらスタッフをされている方もいます。

一方、子育てふれあい広場は、サロンとの違いとして、地域でもともと子育て支援を自主的になさっていた方々が主催しており、その運営についてはお任せをしています。

やはり、どうしても既存のサロンではカバーしきれない地域があり、その地域での自主的な子育てサークルを発掘したり、団体になりそうな方々に「一緒にやりませんか」といった形で区役所からお声がけして始めることが多いです。

内容については、サロンでは珍しい屋外で開催するところもあり、それぞれに特徴があります。また、依頼があれば、区役所から保健師や栄養士などを派遣しています。地域でベビーヨガやリトミックなどの講師をなさっている方を招くなど、新しい取組をしているところもあり、地域色豊かです。

皆さん、ぜひ子育てサロン・子育てふれあい広場を利用してみてください!

子育てサロン・子育てふれあい広場(概要、住所、地図)
https://www.city.kawasaki.jp/nakahara/page/0000054593.html

この記事のライター

関連する投稿


多岐にわたる子育て支援を提供する中原区の「中央療育センター」

多岐にわたる子育て支援を提供する中原区の「中央療育センター」

中央療育センターは、育児中のご家族にとって、子どもの発達や心配事を相談することができる心強い味方です。地域支援、通園、診療所、心理、リハビリテーション、入所まで、その支援は多岐にわたります。この記事では、地域療育センターの基本情報から利用方法やお問い合わせ先まで詳しくご紹介します。


「交流保育」&「親子でランチ」で中原区の保育園を親子で体験!

「交流保育」&「親子でランチ」で中原区の保育園を親子で体験!

中原区の公立保育園3園(中原保育園・下小田中保育園・中丸子保育園)では、親子で保育園生活を体験できる「交流保育(ランチなし)」や「親子でランチ」が開催されています。この記事では、「交流保育」の内容や参加方法などをご紹介します。


病気から回復中のお子様と保護者を支える病後児保育事業

病気から回復中のお子様と保護者を支える病後児保育事業

子育て中のご家族にとって、お子様の病気は予期せぬ困難をもたらすことがあります。特に、病気が治りかけの時に安心して預けられる保育サービスは、働く保護者にとって大きな支えとなります。今回は、そんな育児中の家族を支援する病後児保育事業についてご紹介します。


 自分の責任で自由に遊ぶ!「川崎市子ども夢パーク」

自分の責任で自由に遊ぶ!「川崎市子ども夢パーク」

「川崎市子ども夢パーク」は、子どもたちが自由に遊び、学び、創造することができる多彩な施設を備えています。安心して過ごせる環境で、子どもたちの自主性や創造力を育むことができるので、子ども連れでのお出かけに最適です。


川崎市の市民活動情報が満載!「応援ナビかわさき」とは

川崎市の市民活動情報が満載!「応援ナビかわさき」とは

地域の課題解決に一役買う市民活動は、多くの方にとって意義深い経験となります。この記事では、市民活動をはじめるために活用できるポータルサイト「かわさき市民活動ポータルサイト〜応援ナビかわさき〜」についての情報や相談窓口などをご紹介します。


最新の投稿


発達障害を手がかりに社会課題の解決を目指す橋口亜希子さん

発達障害を手がかりに社会課題の解決を目指す橋口亜希子さん

ひとくちに発達障害と言っても、様々な症状があります。そんな発達障害を手がかりにユニバーサルデザインのコンサルタントとして活動する中原区在住の橋口亜希子さん。発達障害を通じて色々な社会課題が見えてくるし、発達障害の人たちの処世術や生き方が、社会課題を解決する糸口になると提唱しています。


ひとり親家庭の日常生活や育児を支援する「エンゼルパートナー制度」とは

ひとり親家庭の日常生活や育児を支援する「エンゼルパートナー制度」とは

川崎市では、母子・父子家庭や寡婦の方々が日常生活や子育てで直面する困難を支援する「ひとり親家庭等日常生活支援事業(エンゼルパートナー制度)」を行っています。この記事では、「エンゼルパートナー制度」について詳しくご紹介します。


川崎市教育委員会が「学校サポーター」の有償ボランティアを募集!

川崎市教育委員会が「学校サポーター」の有償ボランティアを募集!

川崎市教育委員会の「特別支援教育サポート事業」と「教育活動サポーター配置事業」では、有償ボランティアとして活動する学校サポーターを募集しています。この記事では、学校サポーターの役割や応募方法、研修についてご紹介します。


多岐にわたる子育て支援を提供する中原区の「中央療育センター」

多岐にわたる子育て支援を提供する中原区の「中央療育センター」

中央療育センターは、育児中のご家族にとって、子どもの発達や心配事を相談することができる心強い味方です。地域支援、通園、診療所、心理、リハビリテーション、入所まで、その支援は多岐にわたります。この記事では、地域療育センターの基本情報から利用方法やお問い合わせ先まで詳しくご紹介します。


「フロール元住吉」でユニークなコミュニティを築く「TONARINO.」

「フロール元住吉」でユニークなコミュニティを築く「TONARINO.」

集合住宅「フロール元住吉」には、管理人兼コミュニティマネージャーの「守人」が常駐し、住民同士のつながりを紡ぎ出しています。また共用部には、カフェ&レンタルスペースがあり、イベント開催など複合的な運営をしているとか。運営に携わるHITOTOWA INC.の田中宏明さんと(株)Yuinchuの大石七奈さんにお話を伺いました。