大切な門出を共に創る!川崎市「二十歳を祝うつどい」サポーター募集

大切な門出を共に創る!川崎市「二十歳を祝うつどい」サポーター募集

川崎市では、20歳という節目を迎える若者たちが、地域社会の一員としての自覚と責任を持ち、これからの人生を充実させるための行事「二十歳を祝うつどい」を開催しています。このイベントを成功させるために、一緒に活動してくれる令和7年のサポーターを募集しています。イベントの企画や運営を通じて、多くの若者の門出をお祝いしましょう。


サポーターの活動内容とスケジュール

具体的な活動内容

「二十歳を祝うつどい」サポーターは、プログラムの企画や当日の運営を担当するボランティアです。約14,000人の新成人を祝うために、以下のような活動を行います。

  • プログラムの企画と制作:
    式典やイベントの内容を考え、実施します。クリエイティブなアイデアを出し合い、みんなで一つのイベントを作り上げます。
  • PR動画の制作:
    広報用の動画を企画・制作し、イベントの魅力を伝えます。撮影や編集の技術を学びながら、楽しんで活動できます。
  • ビデオメッセージの収集:
    スポーツ選手や著名人からのお祝いメッセージを取材し、映像として編集します。インタビューのスキルも身につけることができます。

昨年度の実績

昨年度のサポーターたちの取り組みは、多くの若者に感動と喜びをもたらしました。

以下に、その実績の一部を紹介します。

  • パンフレット記事の企画・制作
  • 開催広報用PR動画の企画・制作
  • やす子さんとサポーターのコラボビデオメッセージの企画・取材・制作
  • スポーツ選手からのビデオメッセージの企画
  • 小中学校の先生からのビデオメッセージの企画
  • 式典オープニングでの企画実施(井上苑子さんとのトークコーナー)

サポーターたちはこれらの取り組みを通じてイベントの成功に大きく貢献しました。彼らの努力と創意工夫が、参加者にとって忘れられない思い出を作り上げました。

今年度の活動スケジュール

活動は年間を通じて12回程度(平日:18:00〜21:00/土日:午前・午後)行われます。会議や取材、制作活動などが予定されています。詳細なスケジュールは以下の通りです。

回数 日程 活動内容
第1回 7月9日(火) ・オリエンテーション
・役割決め
第2回~第9回 7月23日(火)
8月6日(火)
8月27日(火)
9月18日(水)
10月8日(火)
10月29日(火)
11月19日(火)
12月10日(火)
・サポーター企画の提案と選定
・サポーター企画の検討
・取材等
・パンフレット記事の制作
・開催広報用PR動画制作など
前日 1月12日(日) ・前日準備及びリハーサル
当日 1月13日(月・祝) ・当日リハーサル及び本番
第12回 2月18日(火) ・振り返り

活動の場所は主に市役所本庁舎、中原市民館、高津市民館で行われます。

サポーターは会議や取材のほか、制作作業にも参加し、イベントの準備を進めます。また、前日と当日にはリハーサルを行い、スムーズな運営を目指します。※活動予定は変更となる場合があります。

大切な門出を共に創る!川崎市「二十歳を祝うつどい」サポーター募集

サポーターの応募条件と申込方法

応募条件

川崎市内在住または在学・在勤のおおむね16歳から25歳までの方が対象です。以前、川崎市内に在住していた方も応募可能です。 応募条件は以下の通りです。

  • 川崎市内在住、在学、または在勤
  • おおむね16歳から25歳までの方
  • チームでの活動が好きな方
  • イベント運営に興味がある方
  • 積極的にコミュニケーションが取れる方

この機会に、自分のスキルを活かして地域社会に貢献し、新しい仲間とともに楽しい思い出を作りましょう。

申込方法

応募は申込フォームまたはメールにて行います。記入が必要な項目は以下の通りです。

  • 氏名(フリガナ)
  • 住所
  • 電話番号
  • メールアドレス
  • 生年月日
  • 学校名・会社名
  • 学年(学生のみ)
  • 申込理由や意気込み

令和7年川崎市「二十歳を祝うつどい」サポーター申込フォーム

申込締切と問い合わせ

申込締切は令和6年6月30日(日)となっています。

詳細や不明点は以下にお問い合わせください。

  • 住所:〒210-8577 川崎市川崎区宮本町1番地
  • 電話:044-200-2669
  • メールアドレス:45sien@city.kawasaki.jp

申込締切を過ぎると受付できませんので、期日をしっかりと確認しておきましょう。
申込に関する質問や不明点があれば、上記お問い合わせ先へお問い合わせください。

この記事では、川崎市で開催される令和7年「二十歳を祝うつどい」のサポーターの役割や活動内容、参加方法についてご紹介しました。サポーターとしてイベントのプロデュースに関わりながら、新たな経験と出会いを楽しみましょう。

【関連情報】

この記事のライター

関連する投稿


中原区の健康サポーター「食生活改善推進員」の活動内容とは?

中原区の健康サポーター「食生活改善推進員」の活動内容とは?

中原区の食生活改善推進員は、地域住民の健康をサポートするボランティア団体です。地域での食育や健康づくりを目的に、多岐にわたる活動を行っています。この記事では、中原区食生活改善推進員の活動内容や参加方法についてご紹介します。


川崎市の市民活動情報が満載!「応援ナビかわさき」とは

川崎市の市民活動情報が満載!「応援ナビかわさき」とは

地域の課題解決に一役買う市民活動は、多くの方にとって意義深い経験となります。この記事では、市民活動をはじめるために活用できるポータルサイト「かわさき市民活動ポータルサイト〜応援ナビかわさき〜」についての情報や相談窓口などをご紹介します。


能登半島地震〜川崎から被災地のためにできること〜

能登半島地震〜川崎から被災地のためにできること〜

能登半島地震から約1ヶ月が経とうとしていますが、今現在(2023/1/26)も、1万5千人以上が避難所生活を送っています。広い範囲で断水も続いており、石川県の厳しい寒さの中、不自由な生活を強いられている方々が沢山います。遠く離れた川崎市より、わたしたちはどのような支援ができるでしょうか。「災害義援金・災害義援物資」「ボランティア・炊き出し」についてまとめました。


「子育てサロン・子育てふれあい広場」ってどんなところ?

「子育てサロン・子育てふれあい広場」ってどんなところ?

子育てサロン(以下、サロン)は、平成15年度から、孤立しがちなお母さん方が地域に出ることで、ほかの子育てをしているお母さんとの友達づくりができ、民生委員児童委員の方や、保健師、保育士などとの交流ができる場として開催されています。<br> <br> 一方、子育てふれあい広場は、サロンと趣旨は変わりませんが、自主的に子育て支援を行っているボランティアの方々によって運営されています。<br> <br> 今回は、子育てサロン・子育てふれあい広場の事務局である中原区役所地域ケア推進課の方にお話を伺いました。


最新の投稿


武蔵小杉のエンターテナーAshさんの「人生劇場」

武蔵小杉のエンターテナーAshさんの「人生劇場」

武蔵小杉在住で、俳優業、文筆業、琵琶語りと多才ぶりを発揮しているAsh(アッシュ)さん。東京藝術大学時代に演出家の宮城聰さんと出会い、彼の劇団で本格的に演出を学んだとか。現在は、もっぱら俳優として演劇を追求しつつ、Yahoo!ニュースのライターとして、地域の文化情報を発信する日々だそうです。


子どもや保護者のお悩み相談サービス「かながわ子ども家庭110番LINE」

子どもや保護者のお悩み相談サービス「かながわ子ども家庭110番LINE」

「かながわ子ども家庭110番相談LINE」は、子どもの悩みや親子関係について、安心して相談できるLINEサービスです。このサービスは、神奈川県に住む子どもや保護者の方を対象としており、専門の相談員が無料で対応しています。この記事では、「かながわ子ども家庭110番相談LINE」の利用方法や注意点について詳しくご紹介します。


「かわさき電子図書館」で電子書籍を利用する!

「かわさき電子図書館」で電子書籍を利用する!

川崎市には、市内在住・在勤・在学の方が誰でも利用できる「かわさき電子図書館」があります。この記事では、「かわさき電子図書館」の利用方法や貸出・予約手続きについて詳しくご紹介します。


保育所と幼稚園はどう違うの?

保育所と幼稚園はどう違うの?

小学校に入学する前に幼稚園へ行かせたいという保護者の方は多いのではないでしょうか?そもそも保育所と幼稚園の違いは何なのか調べてみました。


「かわさき若者サポートステーション」で就職への一歩を踏み出そう!

「かわさき若者サポートステーション」で就職への一歩を踏み出そう!

かわさき若者サポートステーション(コネクションズかわさき)は、15歳から49歳までの方を対象とした就労支援機関です。就職に関する不安を解消し、職業的自立に向けた次の一歩を踏み出しましょう。この記事では、個別相談やセミナー、職場体験プログラムなどの具体的な支援内容をご紹介します。