妊娠時に必要な手続き(母子手帳の受け取り)

妊娠時に必要な手続き(母子手帳の受け取り)

今回は、妊娠が判明した時に必要な手続きをご案内したいと思います。
まずは、自治体に妊娠届出書を提出して母子手帳の受け取り方をご案内します。
※この記事は川崎市中原区内にお住まいの方を対象としています。


① 妊娠届出書を自治体に提出

産婦人科の医師や助産師から妊娠と診断されたら、中原区役所の敷地内にある「地域みまもり支援センター」へ以下の書類を提出します。
心拍が確認できるまでは流産のリスクが高いため、赤ちゃんの心拍が確認できたら妊娠と診断されます。心拍の確認は妊娠5~7週頃に確認できるのが一般的です。

◆必要書類
・妊娠届出書
・妊娠の診断を受けた医療機関の診察券
・身元が確認できる書類(マイナンバーカード、運転免許証、健康保険証、年金手帳、戸籍謄本など)

※妊娠検査薬などを使用して妊娠を確認しただけでは、妊娠届は出せませんので、産婦人科を受診してくださいね。
※病院から母子手帳をもらうよう指示されてから手続きをするのが一般的のようですが、早くもらってもデメリットはありません。

妊娠届出書の様式は以下のURLからダウンロードして記入して持参しても構いませんし、申請窓口にも紙が置いてあるので、その場で記載して提出もできます。
https://www.city.kawasaki.jp/450/page/0000035444.html

② 母子手帳交付時に面談

必要な書類を出した後は、面談(20分程度)を行ってもらえます。この機会に妊娠、出産、育児に関して聞きたい事や相談したい事がある方は色々聞いてみてくださいね!

③ 母子手帳の交付

面談後に母子手帳を受け取って手続きは終わりです。双子の場合は、母子手帳は2冊もらうことになります。
また母子手帳と併せて以下のものが渡されます。
 ・マタニティーマーク
 ・妊婦健康診査費用補助券14回分
 ・歯っぴーファミリー健診受診券2セット
 ・出生連絡票
 ・先天性代謝異常等検査申込書
 ・新生児聴覚検査受診券
 ・両親学級等各種教室のご案内
 ・かわさきし子育てガイドブック
 ・中原区の子育て情報誌
 ・父子手帳

母子手帳を実際に使用するのは子供が小学校入学くらいまでです。ただ、入学する際の健康診断の参考にもなりますし、予防接種などの記録も記載されていますので、捨てずに大切に保管しておいてください。

もし分からない所があれば、中原区役所地域みまもり支援センター地域支援課(TEL:044-744-3308)へお問い合わせしてみてくださいね。

次回は「中原区内の産婦人科がある病院やクリニック」をご紹介したいと思います。

日々大変だと思いますが、お身体を大事に過ごしてくださいね。

この記事のライター

関連する投稿


多岐にわたる子育て支援を提供する中原区の「中央療育センター」

多岐にわたる子育て支援を提供する中原区の「中央療育センター」

中央療育センターは、育児中のご家族にとって、子どもの発達や心配事を相談することができる心強い味方です。地域支援、通園、診療所、心理、リハビリテーション、入所まで、その支援は多岐にわたります。この記事では、地域療育センターの基本情報から利用方法やお問い合わせ先まで詳しくご紹介します。


「交流保育」&「親子でランチ」で中原区の保育園を親子で体験!

「交流保育」&「親子でランチ」で中原区の保育園を親子で体験!

中原区の公立保育園3園(中原保育園・下小田中保育園・中丸子保育園)では、親子で保育園生活を体験できる「交流保育(ランチなし)」や「親子でランチ」が開催されています。この記事では、「交流保育」の内容や参加方法などをご紹介します。


病気から回復中のお子様と保護者を支える病後児保育事業

病気から回復中のお子様と保護者を支える病後児保育事業

子育て中のご家族にとって、お子様の病気は予期せぬ困難をもたらすことがあります。特に、病気が治りかけの時に安心して預けられる保育サービスは、働く保護者にとって大きな支えとなります。今回は、そんな育児中の家族を支援する病後児保育事業についてご紹介します。


 自分の責任で自由に遊ぶ!「川崎市子ども夢パーク」

自分の責任で自由に遊ぶ!「川崎市子ども夢パーク」

「川崎市子ども夢パーク」は、子どもたちが自由に遊び、学び、創造することができる多彩な施設を備えています。安心して過ごせる環境で、子どもたちの自主性や創造力を育むことができるので、子ども連れでのお出かけに最適です。


「両親学級」で初産での産前産後のイロハを学ぶ!

「両親学級」で初産での産前産後のイロハを学ぶ!

中原区では、初めての出産を控える妊婦さんとそのパートナーを対象に、健康的な妊娠期間を過ごし、安心して子育てをスタートさせるための両親学級を開催しています。このクラスでは、妊娠中の生活、出産の準備、そして育児の基本について学ぶことができます。


最新の投稿


発達障害を手がかりに社会課題の解決を目指す橋口亜希子さん

発達障害を手がかりに社会課題の解決を目指す橋口亜希子さん

ひとくちに発達障害と言っても、様々な症状があります。そんな発達障害を手がかりにユニバーサルデザインのコンサルタントとして活動する中原区在住の橋口亜希子さん。発達障害を通じて色々な社会課題が見えてくるし、発達障害の人たちの処世術や生き方が、社会課題を解決する糸口になると提唱しています。


川崎市教育委員会が「学校サポーター」の有償ボランティアを募集!

川崎市教育委員会が「学校サポーター」の有償ボランティアを募集!

川崎市教育委員会の「特別支援教育サポート事業」と「教育活動サポーター配置事業」では、有償ボランティアとして活動する学校サポーターを募集しています。この記事では、学校サポーターの役割や応募方法、研修についてご紹介します。


多岐にわたる子育て支援を提供する中原区の「中央療育センター」

多岐にわたる子育て支援を提供する中原区の「中央療育センター」

中央療育センターは、育児中のご家族にとって、子どもの発達や心配事を相談することができる心強い味方です。地域支援、通園、診療所、心理、リハビリテーション、入所まで、その支援は多岐にわたります。この記事では、地域療育センターの基本情報から利用方法やお問い合わせ先まで詳しくご紹介します。


「フロール元住吉」でユニークなコミュニティを築く「TONARINO.」

「フロール元住吉」でユニークなコミュニティを築く「TONARINO.」

集合住宅「フロール元住吉」には、管理人兼コミュニティマネージャーの「守人」が常駐し、住民同士のつながりを紡ぎ出しています。また共用部には、カフェ&レンタルスペースがあり、イベント開催など複合的な運営をしているとか。運営に携わるHITOTOWA INC.の田中宏明さんと(株)Yuinchuの大石七奈さんにお話を伺いました。


「交流保育」&「親子でランチ」で中原区の保育園を親子で体験!

「交流保育」&「親子でランチ」で中原区の保育園を親子で体験!

中原区の公立保育園3園(中原保育園・下小田中保育園・中丸子保育園)では、親子で保育園生活を体験できる「交流保育(ランチなし)」や「親子でランチ」が開催されています。この記事では、「交流保育」の内容や参加方法などをご紹介します。