川崎市教育委員会が「学校サポーター」の有償ボランティアを募集!

川崎市教育委員会が「学校サポーター」の有償ボランティアを募集!

川崎市教育委員会の「特別支援教育サポート事業」と「教育活動サポーター配置事業」では、有償ボランティアとして活動する学校サポーターを募集しています。この記事では、学校サポーターの役割や応募方法、研修についてご紹介します。


学校サポーターとは

学校サポーターの役割

学校サポーターとは、川崎市内の学校で児童生徒の学習などをサポートする有償ボランティアです。特別支援学級の児童生徒への介助や、通常学級でのきめ細やかな学習支援、学習相談が主な役割です。

学校の要請に応じて教育委員会が配置するため、学校ごとに適切な支援を提供することができます。先生と一緒に教育環境を整え、子供たちの笑顔を引き出す大切な存在です。

  • 特別支援学級の児童生徒への学校生活上の介助や学習活動の支援
  • 通常の学級等での児童生徒へのきめ細やかな学習支援や相談

学校サポーターの募集案内パンフレットはこちらからご覧いただけます。

登録から配置までの流れ

学校サポーターは、大学生や地域の方、教職経験者など幅広い年齢層の方が登録可能です。登録から配置までの手順は以下の通りです。

  1. サポートセンター事務局に電話またはメールで面接希望日を連絡
  2. サポートセンター事務局での面接・登録手続き
  3. 学校長との面接で適性や業務内容を確認し決定
  4. 配置決定後、学校で活動(勤務)開始

活動(勤務)期間については1年間となっており、継続を希望する場合には再度手続きが必要となります。活動日(勤務日)や活動回数については、配置された学校(校長・教頭)との面接などで相談・確認して決定されます。

  • 活動期間:1年間(継続の場合は再手続き)
  • 活動時間:1回の配置で約4時間(出勤簿は午前・午後で押印)
  • 謝金:1回の配置につき4,000円(交通費込み)
    ※月の活動(勤務)回数分が翌24日に川崎市教育委員会から指定の口座に振り込まれます。
川崎市教育委員会が学校サポーターを募集!子どもたちの成長を応援しよう

学校サポーターに求められる資質と業務内容

学校サポーターに求められる資質は、児童生徒への教育活動支援に対する関心と理解です。守秘義務や人権意識を持ち、心身ともに健康であることも重要です。

教職員と連携しながら、子供たちにとって良き理解者であり信頼される存在であることや、教職員と協力しながら教育環境を整えていくことが求められます。

【サポーターとしての資質】
◆ 児童生徒への教育活動支援に関心と理解があること。
◆ 教員の補佐として守秘義務を守り、人権意識を持ち、良識ある行動をとれること。
◆ 心身ともに健康であること。

【業務内容】
◆ 学校サポーターは、学校(校長)の管理下で活動します。
◆ 児童生徒への教育活動支援に関心を持ち、よき理解者であることを心がけます。
◆ 活動は学校により様々です。学校長の指導·管理下で教職員との適切な連携を取り活動します。

研修とサポート体制

研修内容

川崎市教育委員会では、学校サポーターとしての質を高めるために、年間2回の研修会を実施しています。児童生徒へのサポート方法や学校内でのコミュニケーション方法を学ぶことができます。

特別支援教育に関する基礎知識も得られるため、特別なニーズを持つ子供たちへの支援力も高まります。サポーター同士の情報共有や意見交換もできるため、学びの場として貴重な機会となっています。

川崎市教育委員会が学校サポーターを募集!子どもたちの成長を応援しよう

研修レポート提出

学校サポーターは、研修会への参加に加え、活動状況や感想をまとめたレポートを年2回提出する必要があります。

  • 提出回数:年間2回
  • 提出内容:「活動状況の報告」「感想」
  • 提出連絡:学校を通して通知

レポート書式はこちらからダウンロードが可能です。

保険とお問い合わせ先

学校サポーターは、活動中の傷害等を補償する保険に加入します。
手続きは、活動開始後にサポートセンター担当者が行います。

  • 保険の内容:傷害等の補償

お問い合わせについて

お問い合わせ先は、川崎市教育委員会が「特別支援教育サポート事業」と「教育活動サポーター配置事業」の2つの事業を委託している「NPO法人教育活動サポートセンター」となります。

  • お問い合わせ先:サポートセンター 学校サポーター担当
  • サポーター専用メール:support-39cr@star.ocn.ne.jp

この記事では、川崎市教育委員会が募集する学校サポーターの役割や登録から配置までの流れ、研修内容についてご紹介しました。

学校サポーターとして子供たちの学習をサポートすることに興味のある方は、ぜひこの機会に応募してみてください。あなたのサポートで子供たちの成長を応援し、笑顔あふれる学校生活が送れるように寄り添っていきましょう。

【関連情報】

この記事のライター

関連するキーワード


学校サポーター 子育て支援

関連する投稿


川崎市が提供する妊娠・出産・子育て支援サービスまとめ

川崎市が提供する妊娠・出産・子育て支援サービスまとめ

「こすぎのわ」では、川崎市で提供されている妊娠・出産、子育て支援に関するさまざまなサービスやプログラムについて取り上げています。今回は、これまで紹介された記事を、出産前・出産後に分類して、まとめてご紹介します。子供向けの遊び場に関する記事もご紹介しますので、気になる記事をチェックしてみてください。


ひとり親家庭の日常生活や育児を支援する「エンゼルパートナー制度」とは

ひとり親家庭の日常生活や育児を支援する「エンゼルパートナー制度」とは

川崎市では、母子・父子家庭や寡婦の方々が日常生活や子育てで直面する困難を支援する「ひとり親家庭等日常生活支援事業(エンゼルパートナー制度)」を行っています。この記事では、「エンゼルパートナー制度」について詳しくご紹介します。


多岐にわたる子育て支援を提供する中原区の「中央療育センター」

多岐にわたる子育て支援を提供する中原区の「中央療育センター」

中央療育センターは、育児中のご家族にとって、子どもの発達や心配事を相談することができる心強い味方です。地域支援、通園、診療所、心理、リハビリテーション、入所まで、その支援は多岐にわたります。この記事では、地域療育センターの基本情報から利用方法やお問い合わせ先まで詳しくご紹介します。


「交流保育」&「親子でランチ」で中原区の保育園を親子で体験!

「交流保育」&「親子でランチ」で中原区の保育園を親子で体験!

中原区の公立保育園3園(中原保育園・下小田中保育園・中丸子保育園)では、親子で保育園生活を体験できる「交流保育(ランチなし)」や「親子でランチ」が開催されています。この記事では、「交流保育」の内容や参加方法などをご紹介します。


「定期予防接種」の基本条件と新生児や転入時の手続き

「定期予防接種」の基本条件と新生児や転入時の手続き

川崎市の定期予防接種は無料で受けることができますが、そのためにはいくつかの条件と手続きが必要です。この記事では、予防接種を受けるための基本条件の他、お子さんが生まれた方や転入してきた方向けの条件や手続き方法などをご紹介します。


最新の投稿


ウォーキングアプリ「かわさきTEKTEK」で歩いて貯めて寄付しよう!

ウォーキングアプリ「かわさきTEKTEK」で歩いて貯めて寄付しよう!

川崎市の「かわさきTEKTEK」は、歩数に応じたポイントを地域の小学校に寄付できるウォーキングアプリです。寄付で特典が得られ、家族全員が楽しく健康維持をしながら、地域に貢献できる仕組みです。この記事では「かわさきTEKTEK」の機能や使い方についてご紹介します。


武蔵小杉のエンターテナーAshさんの「人生劇場」

武蔵小杉のエンターテナーAshさんの「人生劇場」

武蔵小杉在住で、俳優業、文筆業、琵琶語りと多才ぶりを発揮しているAsh(アッシュ)さん。東京藝術大学時代に演出家の宮城聰さんと出会い、彼の劇団で本格的に演出を学んだとか。現在は、もっぱら俳優として演劇を追求しつつ、Yahoo!ニュースのライターとして、地域の文化情報を発信する日々だそうです。


子どもや保護者のお悩み相談サービス「かながわ子ども家庭110番LINE」

子どもや保護者のお悩み相談サービス「かながわ子ども家庭110番LINE」

「かながわ子ども家庭110番相談LINE」は、子どもの悩みや親子関係について、安心して相談できるLINEサービスです。このサービスは、神奈川県に住む子どもや保護者の方を対象としており、専門の相談員が無料で対応しています。この記事では、「かながわ子ども家庭110番相談LINE」の利用方法や注意点について詳しくご紹介します。


「かわさき電子図書館」で電子書籍を利用する!

「かわさき電子図書館」で電子書籍を利用する!

川崎市には、市内在住・在勤・在学の方が誰でも利用できる「かわさき電子図書館」があります。この記事では、「かわさき電子図書館」の利用方法や貸出・予約手続きについて詳しくご紹介します。


保育所と幼稚園はどう違うの?

保育所と幼稚園はどう違うの?

小学校に入学する前に幼稚園へ行かせたいという保護者の方は多いのではないでしょうか?そもそも保育所と幼稚園の違いは何なのか調べてみました。