障がい者の就労を支援するコミュニティカフェ「メサ・グランデ」

障がい者の就労を支援するコミュニティカフェ「メサ・グランデ」

武蔵新城駅から徒歩2分、「メサ・グランデ」という地域の方々が利用するコミュニティカフェがあります。木目を基調とした店内は、天井が高く落ちつきのある空間です。一方で、このカフェは就労継続支援B型事業所として、障がい者の就労を支援する場でもあります。どんなことをしているのか、施設長の前田瑞穂さんにお話を伺いました。


食と農を通じての地域コミュニティづくりを目指す

―「メサ・グランデ」はどういう経緯で誕生したのですか

前田:「メサ・グランデ」の運営母体であるNPO法人「ぐらすかわさき」(以下、「ぐらすかわさき」)は2001年に設立され、市民が集い、交流する場をつくり、講座・交流会やイベントなどを開催してきました。それは、川崎市の市民の皆さんが困っていることを、行政の動きを待つのではなく、市民自身の力で解決して、みんなが暮らしやすいような街にしていきたいという目標があったからです。

 

そういった活動をしてきた結果、みんなで話ができる場所が必要ではないかということで、そのスペースを確保することができました。

そこで、これだけの場所を確保できたのだから、食事も出した方が良いのではとか、農家さんの支援活動もしていたので、近隣農家の野菜を販売する場にできたらということで、
20124月に「メサ・グランデ」が誕生しました。食と農を通じての地域コミュニティづくり、誰もが暮らしやすい地域社会づくりを目指しています。

お子様連れも多く利用するコミュニティカフェ「メサ・グランデ」

誰もが集える場であり、障がい者の働くチャンスの場でもある

―就労継続支援B型事業所でもありますが、どういったものですか

前田:障がいのある方などが一般企業に就職することが難しい場合に、作業などの就労訓練を通して、働くチャンスを提供する場です。作業された方には、工賃という形で作業料をお渡ししています。


「ぐらすかわさき」では、これまで様々な事業を通じて市民活動支援を行ってきましたが、障がいの有無に関わらず、誰もがいきいきと暮らし働ける地域社会の創出を目指すことになり、2016年に障がいのある方の居場所となる「地域活動支援センター メサ・グランデ」の運営を開始しました。

 

はじめのうちは、利用者が求めている過ごし方を尊重していたのですが、年を重ねるにつれ、カフェ作業をやりたいという方がすごく増えてきたんですね。それならばと、2023年に就労継続支援B型事業所(以下、就労B型事業所)へと移行したんです。

―具体的にはどういった仕事をされるのですか

前田:メインは、「メサ・グランデ」のキッチンでの作業になります。最後の仕上げのようなところは職員がやっていますが、下ごしらえで玉ねぎを刻んだり、じゃが芋の皮をむいたり、野菜を洗ったり、その人に合わせた作業をしてもらっています。

 

料理をあまりやったことがないという方には、玉ねぎをむいたり、ニンニクの皮をむいたりすることをお願いします。もうちょっとできる人には、粗みじん切りをしてもらって、細かくみじん切りができる人には、粗みじん切りをさらに細かくしてもらっています。みんなで、自分ができること、得意なことを分担してやっています。

 

また、お弁当の販売もしているので、弁当箱におかずを詰めたりもしています。一方で、来店するお客様にお水を出したりするなど接客もしてもらいます。接客などが苦手な方もいらっしゃるので、人前に出たくないと思っている人は、その人の得意なことをやっていただいています。

メインの作業はキッチンでの下ごしらえ

―軽作業などもありますね

前田:荷札にゴムを通して結ぶなどの細かい作業などを受注しています。また、近隣のラーメン屋さんからは、大きな袋にどっさり入っているフライドオニオンや刻み海苔を、テイクアウト用の小さなパックに詰め替える作業のオーダーもあります。

利用したい方は「受給者証」の申請を

―どんな人が事業所を利用できるのですか

前田:わりと幅広くて、障害者手帳を持っていればほとんどの方が利用できます。家にひきこもりがちで、外になかなか出られないなど、障害者手帳を持っていなくても、区役所で福祉の支援が受けられる「受給者証」を申請し、発行してもらえれば、事業所に通うことができます。

―利用するのに費用はかかるのでしょうか

前田:原則として、ご本人の負担はありません。ただ、こちらで昼食を利用される場合は、300円の実費をいただいています。

―事業所で働いた工賃は平均するとどれぐらいになりますか

前田2023年度は月平均6,276円になりました。また1カ月間、無遅刻、無早退、無欠勤の場合は皆勤手当として500円が上乗せされます。

地域食堂「めさみーる+」は誰でも参加が可能

―地域食堂「めさみーる+(プラス)」も開催していますね

前田:世間ではまだそれほど子ども食堂が認知されていなかった頃、子どもの貧困をテーマに地域でできることとして、子ども食堂のノウハウを持っていたNPO法人セカンドリーグ神奈川さんの協力のもと、誰でも参加できる地域食堂「めさみーる+」を2016年にスタートさせました。お子さんと65歳以上の方は100円、大人は300円、いただいています。

 

1回の開催日には、お子さん同士、仕事が忙しいお父さんお母さんとそのお子さん、一人暮らしの方、高齢の方など、たくさんの地域の方々が集まります。

 

その日の夕飯作りをお休みすることで、親子一緒の時間を過ごせたり、身近なご近所さんと顔を合わせて和やかに楽しく過ごせたり、ゆるくつながってもらえたらなという思いで運営しています。

親子や高齢者の方、一人暮らしの方など多様な方々が集う「めさみーる+」

「メサ・グランデ」のこれから

―今後の展望などはありますか

前田:まずは昨年スタートした就労B型事業所を、より多くの方に知っていただきたいと思っています。

―読者の方へのメッセージをお願いします

前田:「メサ・グランデ」は、全国的にも数少ない、カフェ型の就労B型事業所です。店先には近隣の農家さんから直送された野菜がならび、カフェでは、野菜をたっぷりと使った、素材の味を活かした手作りメニューが楽しめます。どうぞ、気軽にお立ち寄りください。

 

と同時に、一般就労で働くことが難しい、働きたいと思っていてもきっかけがつかめない、などの悩みをお持ちの方は、まずは気軽に相談していただけたらと思います。

 

「メサ・グランデ」ホームページhttps://mesa-grande.jimdofree.com/

この記事のライター

現代社会は、地縁、血縁、社縁(職場の縁)が希薄になり、個々人がバラバラに分断され、多くの人が孤立するようになりました。そんな社会を修復するにはどうすればいいか。その一つの解が、新たなコミュニティを創造することだと思っています。

関連する投稿


タワーマンション内でコミュニティを築き上げた笹田恵子さん

タワーマンション内でコミュニティを築き上げた笹田恵子さん

かわさきFMのパーソナリティとして、また、イベントのMCとして活躍する笹田恵子さん。学生時代は深夜のバイトをして家計を助けていた一面もあります。一方で、武蔵小杉のタワーマンションの住人として、マンション内のコミュニティづくりにも積極的に関わってきたとか。どのようなコミュニティを築き上げたのか、お話を伺いました。


『未来(あす)を生きる力を培う』を保育理念に掲げる「日本保育サービス」

『未来(あす)を生きる力を培う』を保育理念に掲げる「日本保育サービス」

「アスク武蔵小杉保育園」や「アスク新丸子保育園」など「アスク」ブランドを中心とした保育園を運営している「株式会社日本保育サービス」の保育部長の杉田俊輔さんと酒井春代さんに経営理念や保育理念、保育の質を高めるための施策などを伺いました。


子ども・保護者、教師をカウンセリングなどで包括的に支える「実りの森」

子ども・保護者、教師をカウンセリングなどで包括的に支える「実りの森」

子どもの自殺や不登校児童が増え続ける一方で、教師の精神疾患での休職・離職も増加の一途。学校現場は、危機的状況に瀕しています。行政も制度的に手を尽くしてはいるものの、その手が届かない方々もいます。そんなすき間を埋めるためにカウンセリングなどで立ち上がったのが一般社団法人「実りの森」。代表理事の西野薫さんにお話を伺いました。


武蔵小杉のエンターテナーAshさんの「人生劇場」

武蔵小杉のエンターテナーAshさんの「人生劇場」

武蔵小杉在住で、俳優業、文筆業、琵琶語りと多才ぶりを発揮しているAsh(アッシュ)さん。東京藝術大学時代に演出家の宮城聰さんと出会い、彼の劇団で本格的に演出を学んだとか。現在は、もっぱら俳優として演劇を追求しつつ、Yahoo!ニュースのライターとして、地域の文化情報を発信する日々だそうです。


マーケティングを駆使してコミュニティを開拓する土倉康平さん

マーケティングを駆使してコミュニティを開拓する土倉康平さん

今や5000人を超えるメンバーを集めるFacebookコミュニティ「中原おうちごはん」を立ち上げ、武蔵新城では、マスター&ママが日替わりで交代するユニークなバー「新城サカバー」を開き、コミュニティをどんどん開拓している「つっちー」こと土倉康平さん。その背景には、本業のマーケティング・コンサルタントとしてのセンスとロジックがあるようです。


最新の投稿


タワーマンション内でコミュニティを築き上げた笹田恵子さん

タワーマンション内でコミュニティを築き上げた笹田恵子さん

かわさきFMのパーソナリティとして、また、イベントのMCとして活躍する笹田恵子さん。学生時代は深夜のバイトをして家計を助けていた一面もあります。一方で、武蔵小杉のタワーマンションの住人として、マンション内のコミュニティづくりにも積極的に関わってきたとか。どのようなコミュニティを築き上げたのか、お話を伺いました。


「子育て支援員研修」で子育て支援の担い手として活躍しよう!

「子育て支援員研修」で子育て支援の担い手として活躍しよう!

神奈川県では、子育て支援に関心のある人が必要な知識と技能を身につけるための子育て支援員研修を実施しています。研修は地域保育、地域子育て支援、放課後児童の3つの研修コースがあり、受講後は「子育て支援員」として認定されます。この記事では、研修の内容や申込み方法について紹介します。


川崎市青少年フェスティバル実行委員募集!イベントの企画・運営に挑戦しよう

川崎市青少年フェスティバル実行委員募集!イベントの企画・運営に挑戦しよう

川崎市青少年フェスティバルは、青少年自身が企画・運営に主体的に関わることで、社会参加の促進や達成感、自己有用感を得られる機会を提供することを目的としています。この記事では、フェスティバルの概要と令和6年度の実行委員募集についてご紹介します。


『未来(あす)を生きる力を培う』を保育理念に掲げる「日本保育サービス」

『未来(あす)を生きる力を培う』を保育理念に掲げる「日本保育サービス」

「アスク武蔵小杉保育園」や「アスク新丸子保育園」など「アスク」ブランドを中心とした保育園を運営している「株式会社日本保育サービス」の保育部長の杉田俊輔さんと酒井春代さんに経営理念や保育理念、保育の質を高めるための施策などを伺いました。


川崎市「こども誰でも通園制度」の試行的事業がいよいよ開始

川崎市「こども誰でも通園制度」の試行的事業がいよいよ開始

川崎市は、2024年7月から「こども誰でも通園制度」の本格実施を見据えた試行的事業を開始しました。この制度は、保護者の就労有無に関わらず、一定時間保育所を利用できるものです。この記事では、制度の詳細や予約方法についてご紹介します。


区民ライター募集