多岐にわたる子育て支援を提供する中原区の「中央療育センター」

多岐にわたる子育て支援を提供する中原区の「中央療育センター」

中央療育センターは、育児中のご家族にとって、子どもの発達や心配事を相談することができる心強い味方です。地域支援、通園、診療所、心理、リハビリテーション、入所まで、その支援は多岐にわたります。この記事では、地域療育センターの基本情報から利用方法やお問い合わせ先まで詳しくご紹介します。


センターの基本情報とアクセス方法

基本情報

中央療育センターは、昭和47年に開設された地域療育センターです。所管区域は中原区・高津区で、福祉法人同愛会によって運営されています。

施設は、鉄筋コンクリート造りの3階建てで、敷地面積は6490平方メートル、延床面積は2971平方メートルです。

アクセス方法

中央療育センターへのアクセスは非常に便利です。

川崎市営バスを利用して「中原老人福祉センター入口」または「総合リハビリテーションセンター前」で下車すると、徒歩約1分で到着します。

  • 最寄り駅:
    川崎市営バス「中原老人福祉センター入口」または
    「総合リハビリテーションセンター前」徒歩1分
  • 中央療育センターの地図はこちら

センター内には車椅子でもスムーズに移動できる広い廊下とエレベーターが完備されており、すべての来訪者が快適に利用できるよう配慮されています。

地域に根差した療育サポートを提供する中原区の「中央療育センター」とは

センターの運営方針・サポート内容・利用方法

運営方針

中央療育センターは、お子さん一人一人の成長を大切にし、家族や地域社会と共に支援を進めることを基本理念としています。お子さんの自立を支える乳幼児期の発達支援の重要性を認識し、一貫した療育を提供しています。

【センターの運営理念】
◆ 幼少期から成人期以降の「じりつ(地域生活の実現・QOLの向上)」に向けた支援援助
◆ 子どもの将来を視野に入れた専門的かつ系統的、一貫性のある支援援助
◆ ファミリーサポート(家族への多様な支援)による健全な育児、養育ができる支援援助
◆ 地域における児童とかかわる様々な関係機関との連携による支援・援助

サポート内容

中央療育センターには、地域支援、通園、診療所、心理、リハビリテーション(PT・OT・ST)、入所があります。

0歳から18歳未満の児童を対象に、成長や発達の相談、情報提供、診療、子どもに合わせた療育支援を行います。障害のある、またはその疑いのある子どもたちが多く利用しており、定員は100名です。

  • 対象年齢:0歳〜18歳未満
  • 定員:100名
    ※定員は、入所、通園など支援ごとに決まっています。詳しくはお電話または、中央療育センターのホームページにてご確認ください。
  • 開所日:月曜日〜金曜日、第2第4土曜日
  • 開所時間:午前8時30分〜午後5時00分

利用方法

中央療育センターの利用を希望する場合は、まず電話で相談してみましょう。お問い合わせ先は以下の通りです。

  • お問い合わせ先:川崎市健康福祉局障害保健福祉部障害者施設指導課
  • 住所:〒210-8577 川崎市川崎区宮本町1番地
  • 電話:044-200-0874
  • FAX:044-200-3932
  • メールアドレス:40sidou@city.kawasaki.jp

この記事では、中央療育センターの基本情報、アクセス方法、サポート内容、利用方法などについてご紹介しました。

中央療育センターは、地域社会に根ざした療育支援を通じて、子どもたちの成長を全力でサポートしています。我が子の発達で心配な事がある場合は、ぜひ利用を検討してみましょう。

【関連情報】

この記事のライター

関連する投稿


初めて保活を始める方へ!中原区の保育園入所ガイド

初めて保活を始める方へ!中原区の保育園入所ガイド

今回は、はじめてお子さまを保育園に預ける保護者の方に向けて、保育園の申請から入所までの流れをご紹介します。中原区の認可保育園への入所手続きを中心に、必要な書類や申請のタイミング、見学のポイントなどをぜひチェックしてください。


川崎市が提供する妊娠・出産・子育て支援サービスまとめ

川崎市が提供する妊娠・出産・子育て支援サービスまとめ

「こすぎのわ」では、川崎市で提供されている妊娠・出産、子育て支援に関するさまざまなサービスやプログラムについて取り上げています。今回は、これまで紹介された記事を、出産前・出産後に分類して、まとめてご紹介します。子供向けの遊び場に関する記事もご紹介しますので、気になる記事をチェックしてみてください。


武蔵小杉の産前産後ケア専門の宿泊施設「ヴィタリテハウス(Vitalité House)」

武蔵小杉の産前産後ケア専門の宿泊施設「ヴィタリテハウス(Vitalité House)」

ヴィタリテハウス(Vitalité House)は、2023年4月に武蔵小杉にオープンした産前産後ケア専門の宿泊施設です。ママの心と体、美と健康を総合的にサポートするため、クリニックを併設し、助産師や管理栄養士など専門家のケアを提供しています。この記事では、ヴィタリテハウスの特徴とその利用方法についてご紹介します。


お父さん同士のつながりで地域を豊かにする「川崎パパ塾」

お父さん同士のつながりで地域を豊かにする「川崎パパ塾」

パパとして自分を育てる学びの場が「川崎パパ塾」。「市民講師」として、お父さん同士が講師になって自らの経験を話すことで、切磋琢磨しているそうです。14年の長きにわたって活動してきましたが、無理に後継者を育てようとはしていないとか。代表の市川毅さんにお話を伺いました。


認可保育園と認可外保育園の違いって?

認可保育園と認可外保育園の違いって?

認可保育園は安心だけど認可外保育園は不安というイメージを持っている方が多いのではないでしょうか?どういった違いがあるのか調べてみました。


最新の投稿


ウォーキングアプリ「かわさきTEKTEK」で歩いて貯めて寄付しよう!

ウォーキングアプリ「かわさきTEKTEK」で歩いて貯めて寄付しよう!

川崎市の「かわさきTEKTEK」は、歩数に応じたポイントを地域の小学校に寄付できるウォーキングアプリです。寄付で特典が得られ、家族全員が楽しく健康維持をしながら、地域に貢献できる仕組みです。この記事では「かわさきTEKTEK」の機能や使い方についてご紹介します。


武蔵小杉のエンターテナーAshさんの「人生劇場」

武蔵小杉のエンターテナーAshさんの「人生劇場」

武蔵小杉在住で、俳優業、文筆業、琵琶語りと多才ぶりを発揮しているAsh(アッシュ)さん。東京藝術大学時代に演出家の宮城聰さんと出会い、彼の劇団で本格的に演出を学んだとか。現在は、もっぱら俳優として演劇を追求しつつ、Yahoo!ニュースのライターとして、地域の文化情報を発信する日々だそうです。


子どもや保護者のお悩み相談サービス「かながわ子ども家庭110番LINE」

子どもや保護者のお悩み相談サービス「かながわ子ども家庭110番LINE」

「かながわ子ども家庭110番相談LINE」は、子どもの悩みや親子関係について、安心して相談できるLINEサービスです。このサービスは、神奈川県に住む子どもや保護者の方を対象としており、専門の相談員が無料で対応しています。この記事では、「かながわ子ども家庭110番相談LINE」の利用方法や注意点について詳しくご紹介します。


「かわさき電子図書館」で電子書籍を利用する!

「かわさき電子図書館」で電子書籍を利用する!

川崎市には、市内在住・在勤・在学の方が誰でも利用できる「かわさき電子図書館」があります。この記事では、「かわさき電子図書館」の利用方法や貸出・予約手続きについて詳しくご紹介します。


保育所と幼稚園はどう違うの?

保育所と幼稚園はどう違うの?

小学校に入学する前に幼稚園へ行かせたいという保護者の方は多いのではないでしょうか?そもそも保育所と幼稚園の違いは何なのか調べてみました。