「中原区100人カイギ」の言い出しっぺ朝山あつこさんの想いとは

「中原区100人カイギ」の言い出しっぺ朝山あつこさんの想いとは

昨年10月に始まった中原区100人カイギ。カイギに招いた登壇者が100人に達したら解散するというユニークなものですが、大人たちがつながりあうことで、地域の子どもたちの「やってみたい!」を応援してくれたらいいなと、言い出しっぺの朝山あつこさんは願っているそうです。その想いを伺いました。


子どもたちのために地域の方々がつながりあう

―中原区100人カイギをやろうと思い立ったのはなぜですか

朝山:私が代表理事を務める認定NPOキーパーソン21では、子どものキャリア教育の活動をしていますが、地域の中で、子どもたちのやりたいことが理解されて、大人たちがその「やってみたい!」を応援する地域になってくれたらなと思っています。

 

そのためには、まずは地域の方々が知りあう、つながりあうことが大事だと思っています。地域にどんな方がいるのかもわからないで暮らしているのは、ちょっと寂しい。

―そのためには100人カイギがうってつけだとおもったわけですね

朝山:そうですね。そこでFacebookで、中原区でも100人カイギをやりたいとコメントしたところ、色々な人が「私も一緒にやるよ」と言ってきてくれました。また、私が個別にお声がけもしました。さらに、中原区ソーシャルデザインセンターでも、仲間を募りました。

―100人カイギとはどういう会議でしょうか

朝山:日本各地で開催されている活動で、地元で活躍している人を定期的に招いてお話をしていただき、その登壇者が100人になったら解散するというものです。目的は、地域の方々が横のつながりを持つことで、コミュニティを形成すること…「この出会いを楽しもう!」がコンセプトです。

―登壇者の人選というのは、どうされていますか

朝山:運営メンバーみんなで登壇者候補のリストをつくり、スケジュールを調整し、候補者の方々にオファーをしています。また、ご自分から手を上げてくださる方もいらっしゃいます。

 

運営メンバーで考えたこだわりとしては、中原区在住者や在勤者など、中原区になにかしらゆかりがあることは大事だよねということで、登壇してもらっています。

毎回なごやかに行われる中原区100人カイギ

認定NPOキーパーソン21の活動とは

―朝山さんが代表理事を務める認定NPOキーパーソン21はどういう活動ですか

朝山:子育ての最中、中原区に住んでいて、子どもたちも中原区の学校に行っていました。20数年前、長男が通っていた宮内中学校がとても荒れていました。そんな中で、息子が中学3年生の夏休み前に「僕は高校に行かない」と言い出したのです。

 

高校へ行かないということに驚きましたが、中学校までが義務教育ならば、高校へ進学するかしないかは自分の意思で決めてよいのだと初めて気づかされました。

 

子どもがそうしたいと思うように、子ども自身が自分で考えて選択し、行動して責任をとる子に育てたいと思うようになりました。そのためには親だけでは無理で、地域の皆さんも一緒に子どもを育ててくださいという想いでNPOを立ち上げました。

―団体名でもある「キーパーソン」とはどういう人ですか

朝山:子どもにとって人生を変える人とか、そのきっかけになった人ですね。それは親だったり、先生だったり、地域の人だったり、様々です。子どもの人生にちゃんとコミットする大人たちがいっぱい増えてくれたらいいなと思っています。

―わくわくエンジン®という言葉を大事にされていますね

朝山:自分がわくわくして動き出したくなる原動力のことなんです。わくわくする気持ちで自発的に動いたら、挫折や失敗してもまた起き上がって頑張れると思うんです。でも、やらされ感でやっているときは、ポキっと折れてしまいやすい。

 

あの人がこう言うから、世間体があるから、こっちの方が得だからということではなく、自分が考えて判断したことを大事にしてもらいたい。それが幸せではないかと。自分の意思があること、その意思の裏には必ず理由があります。ですから大人は子どもの夢中になっていることを応援してあげればいいのだと。

 

大人が子どもを今ある社会の常識や固定概念の枠にはめ込もうとしている…それでは、まったくわくわくしませんね。

キーパーソン21のプログラムで子どもと大人が対話中

自分の中のわくわくする原動力を発見する

―学校ではキャリア教育プログラムをやられていますが、どういう内容ですか

朝山:「おもしろい仕事人がやってくる」というプログラムでは、「あのおっちゃん、おもろいな」という方をたくさん、子どもたちにじかに紹介しています。様々な人にいっぱい触れることで、色々な価値観や働き方、生き方があるということを子どもたちに見せています。

 

「すきなものビンゴ&お仕事マップ」では、自分の人生をどうすると言われても、分からなかったりします。そういう時に自分の動き出したくなるわくわくする原動力は何なのかを発見するためのゲームです。

 

たとえば、野球が好きという子がいても、野球が好きというのは、名詞的ワクワクです。わくわくエンジン®は動詞的で、「なんで野球でワクワクするの?」と問いかけます。すると、「作戦、戦略を立てるのが好き」という子や「チームのみんなで力を合わせるのが好き」という子、「筋トレや素振りで自分の能力を高めるのが好き」という子もいます。

 

同じ野球でもわくわくポイントは違うのです。そこを引き出してあげて、わくわくするポイントをクローズアップして子どもたちに気づかせてあげることができます。

 

「コミュニケーションゲーム」では、大人と子どもが3つのシチュエーションで、即興劇のような感じでやるゲームです。これは、子どものいいところを発見する大人のトレーニングです。大人はすぐ否定的な反応をしがちです。子どものダメなところを指摘するのではなく、良いところを見つけます。

子どもたちの「やってみたい!」を応援する大人たちがいる街へ

―今の子どもはチャレンジしないと言われますが

朝山:それは、子どもができると信じないで否定する大人の問題なのです。子どもが何か発言しても、すぐに否定して抑えつけてしまいます。失敗しても「ナイストライ!」と声をかければ、子どもだってどんどん積極的に口を開きます。

 

「かっこいい大人ニュース」では、地域の人たちが子どもたちと「どんな仕事をしているのですか」などとか「お給料いくらですか」など、大人と子供のポジティブな対話の場にしています。大人のことをもうちょっと踏み込んで知ることができます。

―日本全国でキーパーソン21のネットワークが広がっていますが、今後の展開は

朝山:「ジュニアわくナビ」(子どものわくナビ)を広めたいと考えています。「わくナビ」とは、私どもの講座を受けてもらうとなることができる「わくわくナビゲーター」のことです。子どもの中からわくわくエンジンを引き出すことができる人ですね。

 

これは大人向けに行っていたのですが、最近、子どもたちから「わくナビ」になりたいという要望が出ています。そこで、「ジュニアわくナビ」として、小学生から高校生までの子どもに「わくナビ」をしてもらい始めています。

―読者へのメッセージをお願いします

朝山:子どもたちがわくわくエンジン®を発見すると、「やってみたい!」がたくさん出てきます。その「やってみたい!」を子どもたちが言語化し、理由も書いてもらいます。そして、地域のみんなでそれを応援したいのです。

 

ちょっとお節介な大人たちが地域にたくさんいる街になれないかなと。だから、まずは中原区100人カイギを通じて、街の人たちがお互いに知り合うことが大事だと思っています。

 

■中原区100人カイギホームページ:https://100ninkaigi.com/area/kawasaki-nakahara

■認定NPOキーパーソン21ホームページ:https://www.keyperson21.org/

 

この記事のライター

現代社会は、地縁、血縁、社縁(職場の縁)が希薄になり、個々人がバラバラに分断され、多くの人が孤立するようになりました。そんな社会を修復するにはどうすればいいか。その一つの解が、新たなコミュニティを創造することだと思っています。

関連する投稿


武蔵小杉のエンターテナーAshさんの「人生劇場」

武蔵小杉のエンターテナーAshさんの「人生劇場」

武蔵小杉在住で、俳優業、文筆業、琵琶語りと多才ぶりを発揮しているAsh(アッシュ)さん。東京藝術大学時代に演出家の宮城聰さんと出会い、彼の劇団で本格的に演出を学んだとか。現在は、もっぱら俳優として演劇を追求しつつ、Yahoo!ニュースのライターとして、地域の文化情報を発信する日々だそうです。


マーケティングを駆使してコミュニティを開拓する土倉康平さん

マーケティングを駆使してコミュニティを開拓する土倉康平さん

今や5000人を超えるメンバーを集めるFacebookコミュニティ「中原おうちごはん」を立ち上げ、武蔵新城では、マスター&ママが日替わりで交代するユニークなバー「新城サカバー」を開き、コミュニティをどんどん開拓している「つっちー」こと土倉康平さん。その背景には、本業のマーケティング・コンサルタントとしてのセンスとロジックがあるようです。


武蔵新城の大家として街をプロデュースする石井秀和さん

武蔵新城の大家として街をプロデュースする石井秀和さん

武蔵新城の地主で大家として不動産業を営む石井秀和さん。バブルがはじけてから家業を継いだ際には、どうしたらお客さんをつかまえられるかと悩んだ日々だったそうですが、今は武蔵新城に住みたい人を増やせば、自社の物件も自然に決まるはずだと、街全体の魅力を高めることに注力しているとか。街のプロデューサーとしてお話を伺いました。


お父さん同士のつながりで地域を豊かにする「川崎パパ塾」

お父さん同士のつながりで地域を豊かにする「川崎パパ塾」

パパとして自分を育てる学びの場が「川崎パパ塾」。「市民講師」として、お父さん同士が講師になって自らの経験を話すことで、切磋琢磨しているそうです。14年の長きにわたって活動してきましたが、無理に後継者を育てようとはしていないとか。代表の市川毅さんにお話を伺いました。


発達障害を手がかりに社会課題の解決を目指す橋口亜希子さん

発達障害を手がかりに社会課題の解決を目指す橋口亜希子さん

ひとくちに発達障害と言っても、様々な症状があります。そんな発達障害を手がかりにユニバーサルデザインのコンサルタントとして活動する中原区在住の橋口亜希子さん。発達障害を通じて色々な社会課題が見えてくるし、発達障害の人たちの処世術や生き方が、社会課題を解決する糸口になると提唱しています。


最新の投稿


ウォーキングアプリ「かわさきTEKTEK」で歩いて貯めて寄付しよう!

ウォーキングアプリ「かわさきTEKTEK」で歩いて貯めて寄付しよう!

川崎市の「かわさきTEKTEK」は、歩数に応じたポイントを地域の小学校に寄付できるウォーキングアプリです。寄付で特典が得られ、家族全員が楽しく健康維持をしながら、地域に貢献できる仕組みです。この記事では「かわさきTEKTEK」の機能や使い方についてご紹介します。


武蔵小杉のエンターテナーAshさんの「人生劇場」

武蔵小杉のエンターテナーAshさんの「人生劇場」

武蔵小杉在住で、俳優業、文筆業、琵琶語りと多才ぶりを発揮しているAsh(アッシュ)さん。東京藝術大学時代に演出家の宮城聰さんと出会い、彼の劇団で本格的に演出を学んだとか。現在は、もっぱら俳優として演劇を追求しつつ、Yahoo!ニュースのライターとして、地域の文化情報を発信する日々だそうです。


子どもや保護者のお悩み相談サービス「かながわ子ども家庭110番LINE」

子どもや保護者のお悩み相談サービス「かながわ子ども家庭110番LINE」

「かながわ子ども家庭110番相談LINE」は、子どもの悩みや親子関係について、安心して相談できるLINEサービスです。このサービスは、神奈川県に住む子どもや保護者の方を対象としており、専門の相談員が無料で対応しています。この記事では、「かながわ子ども家庭110番相談LINE」の利用方法や注意点について詳しくご紹介します。


「かわさき電子図書館」で電子書籍を利用する!

「かわさき電子図書館」で電子書籍を利用する!

川崎市には、市内在住・在勤・在学の方が誰でも利用できる「かわさき電子図書館」があります。この記事では、「かわさき電子図書館」の利用方法や貸出・予約手続きについて詳しくご紹介します。


保育所と幼稚園はどう違うの?

保育所と幼稚園はどう違うの?

小学校に入学する前に幼稚園へ行かせたいという保護者の方は多いのではないでしょうか?そもそも保育所と幼稚園の違いは何なのか調べてみました。