区民が手作りする音楽・ダンスイベント「In Unity」とは

区民が手作りする音楽・ダンスイベント「In Unity」とは

In Unity(インユニティ、通称インユニ)は、ボランティアの区民が運営している音楽・ダンスイベントですが、音響、照明などはプロがサポートするので、とてもクオリティの高いステージになっています。今年で25周年を迎えますが、その長続きの秘訣や魅力などを実行委員会委員長の小川竜児さんに伺いました。


地域と世代間の交流を目指す

―In Unity実行委員会はどんな経緯・目的で結成されましたか

小川In Unity実行委員会が結成された2000年当時、アマチュアのミュージシャンが発表する場を区民の手でつくるというのが、中原区役所の事業としてあって、地域の方がつくる区民音楽祭的なイベントを立ち上げようという動きがあったそうです。区役所の事業担当の方を中心に近隣の若い方などにお声がけをして、実行委員会のメンバーを募ったのが始まりです。

 

そこでアマチュアミュージシャンやダンスチームが、ふだんの練習の成果を発表できる場をということで、年一回の音楽・ダンスイベントを開催しようということになりました。

その後、街も発展し、中原区は東京の近隣エリアなので、単純に出演する機会だけでいうと、様々なライブハウスなどもあります。ですから、地域間の交流や新しく引っ越してきた若い区民の方と、もともと中原区にいらっしゃる年配の方との交流など、地域と世代間の交流を目指しています。

 

一貫してアマチュアであることを前提に、気軽に応募できて、選考を経てステージに立てます。そのステージでの音響や照明はちゃんとプロのエンジニアの方にサポートしてもらっています。例年、応募が倍率的には3倍から5倍くらいきます。

初めて参加するグループも当然あるのですが、無料で参加できるイベントで、また入場無料のイベントなのに、これだけクオリティの高い音響や照明でできるということに、皆さん感激してもらっています。

 

私を含めてスタッフもアマチュアの人がボランティアで参加していて、運営も手作りでやってきました。温かみのあるイベントにするため、出演者もスタッフと一緒にイベント当日の会場の掲示物を一緒に作ってみたり、運営スタッフと一緒に会場の整理をやってみたり。そういうことを含めて、みんなで一緒につくるイベントというのが、In Unityの大きな特徴です。

多くのボランティアによって支えられている

年間を通じメインイベント以外にも小規模イベントを開催

―運営メンバーは何人で、どんな人たちですか

小川:運営メンバーは現在6人です。ほとんどの人が音楽経験があったり、イベント経験があった方、あるいはもともとアマチュアミュージシャンで、自分でライブハウスなどで演奏される方などです。唯一、音楽やダンスにまったく無関係でイベント運営のこともまるで知らなかったのが、私です。()

―運営メンバーの主な役割は何でしょうか

小川In Unityのメインイベントは毎年1月とか2月に開催しますが、そのイベントにむけてのPRイベントとしてミニライブ的なものを数回開催していて、1年を通じて、出演機会の提供や音楽やダンスを通じた地域の盛り上げなど、色々なイベントの企画をしています。

 

「次はこういうコンセプトで、こういうイベントをやろう」と話し合い、そのイベントに向けて、どういうグループをブッキングすればいいのか企画を立てます。また、メインイベントの規模が毎年、出演者が15組から20組あって、しかも2日がかりでやるようなイベントなので、出演者の選考がかなり大変です。

89月ごろに募集をかけて、10月ごろ選考をして、11月ぐらいに出演者の方に説明会を開くという流れがあるのですが、ここ最近は、それと並行して学生バンドオーディションという企画もあり、これもまた募集をかけて選考をしています。

 

学生バンドオーディションを始めたきっかけは、コロナ禍です。この企画がスタートしたのが、2021年です。コロナ禍で学生さんが部活もできない状況なので、音楽事業という特性を生かして、学生さんに向けての企画ができないだろうかということで始めました。

学生バンドの本格的なスタジオレコーディング

学生バンドの最優秀グループはCD制作と販売も

―選考を経て出演者を決めるそうですが、どういう選考をされていますか

小川:まず募集期間に募集要項をホームページでご案内して、それを見た方が自分たちの生演奏の動画を所定の応募フォームにアップロードしていただき、それぞれのアーティストさんの中原区とのつながりなど色々な情報を入れていただきます。

それを私たち運営メンバー+中原区役所のIn Unity担当の事務局の方が見て、イベントの趣旨に合うようなジャンルや方向性か、そもそもパフォーマンスのクオリティが高いかどうかを基準に基づいて点数化しセレクトしていきます。

―学生バンドオーディションの選考も同様ですか

小川:こちらは、学生世代のバンドであること、川崎市にゆかりのある人が必ず最低一人は含まれていること、さらにオリジナル楽曲であることなどが応募要件です。最優秀グループはイベント出場権を得るのと同時に音楽CDを制作してタワーレコードで販売もします。

学生バンドオーディションをやっていると、若者たちがこのオーディションを経験することで、とても成長することを、毎年、非常に感じることが多いです。大変ではありますが、やっていてすごく楽しいし、私のようなおじさんにとっては、他では得られない感動を受けるときがあります。(笑)

華やかなステージが繰り広げられる

「もう一度出演してみたいな」というイベントを常に目指す

―活動の中で一番大変なことは何でしょうか

小川:イベントをつくり上げるには、かなりエネルギーがいりますし、時間もとられます。それをボランティアとして本業と両立させて、少ない人数でやりぬいていくことは、かなりの負担にはなります。それが大変ではありますが、その分、本番が無事に終わったときには、非常に喜びが大きいですし、達成感があります。

―25年もの長きにわたって継続できた秘訣は

小川:出演するだけではなくて、出演したことで他のグループとの交流が生まれたり、スタッフと交流が生まれたりとか、出演してよかったな、楽しかったな、こんな本格的なステージで演奏できるなら、もう一度、出演してみたいなと思えるようなイベントを常に目指しているので、それを地道に繰り返しているからでしょう。


あとは、年に1回だけのイベントだと、どうしても関係性が薄くなりがちですので、ミニライブ的なものを年に数回やるなかで、過去の出演者に定期的にお声がけをして、「今度はこういうコンセプトで、こういう場所でイベントをやるので、ぜひ参加しませんか」と、こちらからもこまめにご案内したりして、イベントとしての継続性、常につながりを感じられるような仕組みを極力、心がけています。

―読者へのメッセージをお願いします

小川:今、世の中全般に文化事業に対する風当たりが強いですね。たとえば、文化的予算を削ろうよといったことが、どこの自治体でも普通になっています。In Unityも中原区役所と二人三脚で展開していますが、中原区在住の方でもIn Unityを意外と知らない人も多いです。もう少し知名度を上げて、In Unityが中原区にとってなくてはならないイベントになるまで、昇華しなければいけないと思っています。

In Unityについてちょっとでも聞いたり、目にしたりした方は、一度、会場に足を運んでいただいてほしいと思っています。市民の手作りのイベントでもこれだけの楽しいイベントがあるんだということを会場で体感していただきたいと思います。

 

今回は、土・日と二日間あり、どの時間帯でも楽しめるようになっていますので、すこしでもスケジュールの都合がつく方には、ぜひ来てほしいと思っています。

【In Unity2024】

開催日:224日(土)、25日(日)

会場:中原区役所 特設ステージ

詳細;In Unity オフィシャルサイト:https://inunity.jp/page-2195



この記事のライター

現代社会は、地縁、血縁、社縁(職場の縁)が希薄になり、個々人がバラバラに分断され、多くの人が孤立するようになりました。そんな社会を修復するにはどうすればいいか。その一つの解が、新たなコミュニティを創造することだと思っています。

関連する投稿


武蔵小杉のエンターテナーAshさんの「人生劇場」

武蔵小杉のエンターテナーAshさんの「人生劇場」

武蔵小杉在住で、俳優業、文筆業、琵琶語りと多才ぶりを発揮しているAsh(アッシュ)さん。東京藝術大学時代に演出家の宮城聰さんと出会い、彼の劇団で本格的に演出を学んだとか。現在は、もっぱら俳優として演劇を追求しつつ、Yahoo!ニュースのライターとして、地域の文化情報を発信する日々だそうです。


マーケティングを駆使してコミュニティを開拓する土倉康平さん

マーケティングを駆使してコミュニティを開拓する土倉康平さん

今や5000人を超えるメンバーを集めるFacebookコミュニティ「中原おうちごはん」を立ち上げ、武蔵新城では、マスター&ママが日替わりで交代するユニークなバー「新城サカバー」を開き、コミュニティをどんどん開拓している「つっちー」こと土倉康平さん。その背景には、本業のマーケティング・コンサルタントとしてのセンスとロジックがあるようです。


武蔵新城の大家として街をプロデュースする石井秀和さん

武蔵新城の大家として街をプロデュースする石井秀和さん

武蔵新城の地主で大家として不動産業を営む石井秀和さん。バブルがはじけてから家業を継いだ際には、どうしたらお客さんをつかまえられるかと悩んだ日々だったそうですが、今は武蔵新城に住みたい人を増やせば、自社の物件も自然に決まるはずだと、街全体の魅力を高めることに注力しているとか。街のプロデューサーとしてお話を伺いました。


お父さん同士のつながりで地域を豊かにする「川崎パパ塾」

お父さん同士のつながりで地域を豊かにする「川崎パパ塾」

パパとして自分を育てる学びの場が「川崎パパ塾」。「市民講師」として、お父さん同士が講師になって自らの経験を話すことで、切磋琢磨しているそうです。14年の長きにわたって活動してきましたが、無理に後継者を育てようとはしていないとか。代表の市川毅さんにお話を伺いました。


発達障害を手がかりに社会課題の解決を目指す橋口亜希子さん

発達障害を手がかりに社会課題の解決を目指す橋口亜希子さん

ひとくちに発達障害と言っても、様々な症状があります。そんな発達障害を手がかりにユニバーサルデザインのコンサルタントとして活動する中原区在住の橋口亜希子さん。発達障害を通じて色々な社会課題が見えてくるし、発達障害の人たちの処世術や生き方が、社会課題を解決する糸口になると提唱しています。


最新の投稿


ウォーキングアプリ「かわさきTEKTEK」で歩いて貯めて寄付しよう!

ウォーキングアプリ「かわさきTEKTEK」で歩いて貯めて寄付しよう!

川崎市の「かわさきTEKTEK」は、歩数に応じたポイントを地域の小学校に寄付できるウォーキングアプリです。寄付で特典が得られ、家族全員が楽しく健康維持をしながら、地域に貢献できる仕組みです。この記事では「かわさきTEKTEK」の機能や使い方についてご紹介します。


武蔵小杉のエンターテナーAshさんの「人生劇場」

武蔵小杉のエンターテナーAshさんの「人生劇場」

武蔵小杉在住で、俳優業、文筆業、琵琶語りと多才ぶりを発揮しているAsh(アッシュ)さん。東京藝術大学時代に演出家の宮城聰さんと出会い、彼の劇団で本格的に演出を学んだとか。現在は、もっぱら俳優として演劇を追求しつつ、Yahoo!ニュースのライターとして、地域の文化情報を発信する日々だそうです。


子どもや保護者のお悩み相談サービス「かながわ子ども家庭110番LINE」

子どもや保護者のお悩み相談サービス「かながわ子ども家庭110番LINE」

「かながわ子ども家庭110番相談LINE」は、子どもの悩みや親子関係について、安心して相談できるLINEサービスです。このサービスは、神奈川県に住む子どもや保護者の方を対象としており、専門の相談員が無料で対応しています。この記事では、「かながわ子ども家庭110番相談LINE」の利用方法や注意点について詳しくご紹介します。


「かわさき電子図書館」で電子書籍を利用する!

「かわさき電子図書館」で電子書籍を利用する!

川崎市には、市内在住・在勤・在学の方が誰でも利用できる「かわさき電子図書館」があります。この記事では、「かわさき電子図書館」の利用方法や貸出・予約手続きについて詳しくご紹介します。


保育所と幼稚園はどう違うの?

保育所と幼稚園はどう違うの?

小学校に入学する前に幼稚園へ行かせたいという保護者の方は多いのではないでしょうか?そもそも保育所と幼稚園の違いは何なのか調べてみました。