家族を支える「ヤングケアラー」の背景と相談窓口

家族を支える「ヤングケアラー」の背景と相談窓口

今回は、家庭内で大人の責任を担う18歳以下の子どもたち「ヤングケアラー」の背景とサポートを受けることができる複数の相談窓口についてご紹介します。


ヤングケアラーとは

背景と現状

家族の介護や家事、感情面でのサポートなどを担う18歳未満の子どもたちは、法律上の定義はありませんが「ヤングケアラー」と呼ばれています。

ヤングケアラーの役割は、病気や障害を持つ家族のケア、幼い兄弟の世話、第一言語が日本語でない家族の通訳など、さまざまな背景から生じます。

しかし、これにより子どもたちは心身に負担を感じ、子どもらしい生活が送れなくなっています。日本ではまだあまり知られていない「ヤングケアラー」ですが、彼らの存在を認識し、支援することが大切です。

支援の手が届く相談窓口

川崎市には、ヤングケアラーの悩みに応じてサポートを行うLINE相談窓口や電話相談窓口が複数設置されています。

家族の介護に関する悩みや学校生活との両立などの声を受け止め、一緒に解決策を考えてくれます。ひとりで抱え込まずに、まずは相談してみることが大切です。

各相談窓口の紹介

ヤングケアラーのための支援窓口

家庭内で介護や世話を行っているケアラー・ヤングケアラーを対象に、家事や介護の負担、学業との両立などについての相談を受け付けています。ケアの負担に関する悩みや不安をLINEで相談してみましょう。

かながわヤングケアラー等相談LINE

【受付時間】週4日(月・火・木・土) 14:00〜21:00(祝日及び年末年始を除く)

【相談方法】こちらからLINEに追加して相談することができます。下記QRコードからでも追加が可能です。

かながわヤングケアラー等相談LINE

かながわヤングケアラー等相談LINE

かながわケアラー電話相談

【受付時間】
水・金:10:00〜20:00
日曜日:10:00〜16:00(祝日及び年末年始を除く)

【電話番号】045-212-0581

児童・青少年のための支援窓口

川崎市には、児童・青少年を対象とした電話相談も充実しています。家庭内の悩みや虐待、いじめなど、様々な問題に対して専門の相談員が支援を提供します。

相談窓口を利用することで、困りごとや悩みを解決する一歩を踏み出すことができます。

かながわ子ども家庭110番相談LINE

【相談内容】児童虐待、子育ての不安、しつけ、家庭や家族の悩みなど、子どもに関する相談

【受付時間】月曜日~土曜日:9:00〜21:00(年末年始を除く)

【相談方法】こちらからLINEに追加して相談することができます。下記QRコードからでも追加が可能です。


かながわ子ども家庭110番相談LINE

かながわ子ども家庭110番相談LINE

児童・青少年電話相談

【相談内容】
おおむね24歳までの児童と青少年の養護・障害・非行・人間関係・社会生活などに関する悩み事や困り事(ご家族・子ども本人からの相談も受付可能)

【受付時間】月曜日~金曜日:9:00〜20:00(祝日・年末年始を除く)

【電話番号】044-542-1567

川崎市人権オンブズパーソン

【相談内容】

  • 子どもの権利の侵害(いじめ、虐待、学校でのトラブルなど)の相談
  • 男女平等にかかわる人権の侵害(配偶者からの暴力行為、セクハラ、性差別など)の相談

【受付時間】

  • 月曜日・水曜日・金曜日:13:00〜19:00 (祝日・年末年始を除く)
  • 土曜日:9:00〜15:00 (祝日・年末年始を除く)

【電話番号】

  • 子どもの権利の侵害(子どもあんしんダイヤル)
    (無料・子ども専用)0120-813-887
    (大人の方用)044-813-3110
  • 男女平等にかかわる人権の侵害:044-813-3111

児童相談所虐待対応ダイヤル

【相談内容】児童虐待に関する相談・通告

【受付時間】24時間365日

【電話番号】189(いちはやく)番

川崎市児童虐待防止センター

【相談内容】子どもの虐待の通報や子育て不安に関する相談

【受付時間】24時間365日

【電話・FAX】0120-874-124

この記事では、日常生活の中で家族のケアを担うヤングケアラーの背景と彼らが直面する課題、さらに彼らを支援するための相談窓口と支援サービスについてご紹介しました。

ヤングケアラーの存在を理解し、適切な支援を受けられるようにすることで、彼らも自分らしい充実した日々を送ることができるようになります。

【関連情報】

この記事のライター

関連するキーワード


ヤングケアラー

関連する投稿


川崎市議会議員・川島雅裕氏に訊く中原区の課題と対策

川崎市議会議員・川島雅裕氏に訊く中原区の課題と対策

小児医療費の無償化拡大から、専業主婦の保育園利用、不登校、ひとり親などの子育て問題。一方で高齢者の住居確保や、川崎市らしい地域包括ケアシステムの構築など、中原区が抱える課題は多岐にわたります。様々な課題を解消していく中で、安心・安全で居心地の良い街づくりを目指します。


最新の投稿


タワーマンション内でコミュニティを築き上げた笹田恵子さん

タワーマンション内でコミュニティを築き上げた笹田恵子さん

かわさきFMのパーソナリティとして、また、イベントのMCとして活躍する笹田恵子さん。学生時代は深夜のバイトをして家計を助けていた一面もあります。一方で、武蔵小杉のタワーマンションの住人として、マンション内のコミュニティづくりにも積極的に関わってきたとか。どのようなコミュニティを築き上げたのか、お話を伺いました。


「子育て支援員研修」で子育て支援の担い手として活躍しよう!

「子育て支援員研修」で子育て支援の担い手として活躍しよう!

神奈川県では、子育て支援に関心のある人が必要な知識と技能を身につけるための子育て支援員研修を実施しています。研修は地域保育、地域子育て支援、放課後児童の3つの研修コースがあり、受講後は「子育て支援員」として認定されます。この記事では、研修の内容や申込み方法について紹介します。


川崎市青少年フェスティバル実行委員募集!イベントの企画・運営に挑戦しよう

川崎市青少年フェスティバル実行委員募集!イベントの企画・運営に挑戦しよう

川崎市青少年フェスティバルは、青少年自身が企画・運営に主体的に関わることで、社会参加の促進や達成感、自己有用感を得られる機会を提供することを目的としています。この記事では、フェスティバルの概要と令和6年度の実行委員募集についてご紹介します。


障がい者の就労を支援するコミュニティカフェ「メサ・グランデ」

障がい者の就労を支援するコミュニティカフェ「メサ・グランデ」

武蔵新城駅から徒歩2分、「メサ・グランデ」という地域の方々が利用するコミュニティカフェがあります。木目を基調とした店内は、天井が高く落ちつきのある空間です。一方で、このカフェは就労継続支援B型事業所として、障がい者の就労を支援する場でもあります。どんなことをしているのか、施設長の前田瑞穂さんにお話を伺いました。


川崎市「こども誰でも通園制度」の試行的事業がいよいよ開始

川崎市「こども誰でも通園制度」の試行的事業がいよいよ開始

川崎市は、2024年7月から「こども誰でも通園制度」の本格実施を見据えた試行的事業を開始しました。この制度は、保護者の就労有無に関わらず、一定時間保育所を利用できるものです。この記事では、制度の詳細や予約方法についてご紹介します。


区民ライター募集