ウォーキングアプリ「かわさきTEKTEK」で歩いて貯めて寄付しよう!

ウォーキングアプリ「かわさきTEKTEK」で歩いて貯めて寄付しよう!

川崎市の「かわさきTEKTEK」は、歩数に応じたポイントを地域の小学校に寄付できるウォーキングアプリです。寄付で特典が得られ、家族全員が楽しく健康維持をしながら、地域に貢献できる仕組みです。この記事では「かわさきTEKTEK」の機能や使い方についてご紹介します。


「かわさきTEKTEK」とは?

「かわさきTEKTEK」の特徴

「かわさきTEKTEK」は、川崎市が提供するウォーキングアプリを使った健康促進事業です。令和5年10月から運用が開始され、市民は日常の歩行でポイントを獲得します。集めたポイントは、応援したい川崎市内の小学校(小学部のある特別支援学校を含む)に寄附することができます。

この取り組みは、健康を維持しながら地域貢献も同時にできるという点で、多くの市民から支持を受けています。

ポイントは歩数に応じて付与され、寄附されたポイントは子ども達の学校生活に役立てられます。参加者は寄付したポイントに応じてチケットが付与され、協賛企業等からの応援特典に応募することができる仕組みとなっています。

さらに、ポイントを寄付された学校では、川崎市からポイント数に応じた応援金を受け取ることができ、子どもたちの学校生活をより良くするための資金として活用されます。

健康ポイントプログラム

「かわさきTEKTEK」はウォーキングアプリを活用して日々の歩数に応じてポイントを貯めることができます。このポイントプログラムは、健康維持を促進するための効果的なインセンティブとなっています。

ポイント付与項目 付与ポイント数
1日の歩数2,000歩~4,999歩 5ポイント 
1日の歩数5,000歩~7,999歩 10ポイント 
1日の歩数8,000歩以上 20ポイント 
イベント イベントごとに設定 
バーチャルウォーキングコース 1コース制覇につき30ポイント~ 
リアルウォーキングコース 1コース制覇につき30ポイント~ 
スタンプラリー 1拠点制覇ごとに1ポイント~
アプリ紹介 1回20P(ポイント付与は1日1回)
アンケート回答 アンケートごとに設定
新規登録ボーナス 100ポイント

このような仕組みにより、日々のウォーキングが楽しくなり、家族全員で続けやすくなります。ポイントを貯めることが目的となり、自然と運動習慣が身につく画期的なプログラムとなっているのです。

ポイントの獲得期間(令和6年度)

  • ポイント獲得期間:令和6年4月1日から令和7年3月31日まで
  • 応援特典申込み期間:令和7年3月1日から令和7年3月31日まで
「かわさきTEKTEK」で健康と地域貢献を両立!歩いて貯めて寄付しよう!

学校ごとの寄付状況と活用について

令和6年度の学校月応援状況は、以下URLよりご覧いただけます。学校名、寄付ポイント、 金額換算、達成割合、応援金上限額、などが確認できます。現在対象の学校は117校で、応援状況は週2〜3回更新されています。

みなさまからの寄付は学校ごとに有効に活用されています。中原区内の学校での活用を一部ご紹介します。

下川原小学校

『下河原小学校では空いている時間を利用して本をもっと好きになってもらい、楽しい学校生活にしてほしいと考えました。今回、かわさきTEKTEKに多くの方が寄附をしていただきました。それをもとに人気のある本や楽しい本をみんなからのリクエストや総括・学校司書さんからアドバイスをいただき買わせていただきました。早速本を手にしている人が多くいて、図書室は大盛況です。新しい本を手に取るみんなは笑顔になっています。

宮内小学校

私達宮内小学校では、寄附金が満額集まったら、熱中症対策用・屋外ミスト設置に使いたいとみんなで話し合って決めました。「うちのママが、『てくてくポイント』頑張ってたもん」「じゃあ、お母さんたちのお陰でミストがついたってこと?」「私のじいじも『てくてくポイント』やってたよ」運動後のミストに、4年生も喜びの舞。このミスト運動会でも活躍してくれそうです。宮内小学校を応援してくれた皆様のご協力の賜物です。

その他の寄付の利用状況はこちら

応援特典について

集めたポイントは川崎市内の小学校に寄附することができ、寄附に応じてチケットが発行されます。このチケットを使って、「川崎フロンターレ」や「川崎ブレイブサンダース」などの応援特典に応募することができます。応援特典はスポーツイベントの観戦チケットや協賛企業からの特典など、市民にとっても楽しみが広がる内容となっています。

令和6年度の応援特典は、令和6年秋ごろに更新予定です。令和5年度の応援特典一覧はこちらからご覧いただけます。

<過去の応援特典>

  • 「川崎フロンターレ」の観戦チケット
  • 「川崎ブレイブサンダース」の試合観戦チケット
  • 協賛企業からの特典/体験モノ
  • 協賛企業からの特典/景品

協賛企業の一覧はこちら

イベントについて

「かわさきTEKTEK」では、さまざまなイベントが開催されています。イベントに参加することで、さらにポイントを獲得することができます。過去に開催されたイベントを2つご紹介します。

歩数対決イベント「VS中村憲剛!」(開催期間:令和6年3月1日0:00〜3月14日23:59)

元サッカー選手の中村憲剛さんとの歩数対決イベントです。参加者は中村憲剛さんの歩数を目標に挑戦し、勝利すると特典ポイントがもらえます。

2024年のイベントでは、中村憲剛さんの歩数は85,330歩でした。勝利者には寄附ポイント500ポイントが付与され、抽選で1,000名に福祉製品のデジタルギフトが贈られました。

  • 中村憲剛さんの歩数結果はこちら

企業対抗ウォーキング大会(開催期間:令和6年2月1日〜2月29日)

アプリ内のランキング機能を活用して、企業対抗のウォーキング大会が開催されました。令和6年2月に開催された大会では、多くの企業が参加し、ウォーキングを楽しみながら健康を促進しました。

結果は以下の通りです。

【4人以下の部】

  • 優 勝 合同会社テスタグランデ(1人、508,878歩)
  • 準優勝 小田急電鉄株式会社(1人、483,640歩)
  • 3 位  株式会社TDON(1人、366,372歩)

【5人以上の部】

  • 優 勝 川崎市立平小学校(5人、平均466,747歩)
  • 準優勝 小杉小学校職員(5人、平均399,269歩)
  • 3 位  川崎市立麻生中学校(5人、平均342,450歩)

全体の順位は「企業対抗ウォーキング大会結果」から確認できます。

「かわさきTEKTEK」で健康と地域貢献を両立!歩いて貯めて寄付しよう!

かわさきTEKTEKの使い方

アプリのインストール方法

「かわさきTEKTEK」のアプリは、iPhoneとAndroidの両方で利用可能です。ダウンロードを希望する方は、以下からダウンロードすることができます。

  • iPhoneの方はこちら
  • Androidの方はこちら
    Androidのスマートフォンの場合は、インストール後にGoogle Fitのダウンロードも必要です。(ダウンロード方法の解説動画はこちら

アプリの初期設定と使い方

アプリの初期設定は簡単です。インストール後、以下のステップに従って設定を行います。

  • アカウントの作成:
    メールアドレスとパスワードを入力してアカウントを作成します。
  • 歩数計の設定:
    スマートフォンの歩数計機能を有効にして、日々の歩数を自動的に記録します。
  • ポイントの確認方法:
    アプリ内で貯まったポイントを確認できます。

詳しい操作方法は、以下のリンクからご確認ください。初期設定が完了したら、毎日のウォーキングでポイントを貯め、家族全員で楽しみながら健康促進を図りましょう!

お問い合わせ先

アプリの使い方に関すること

カラダライブコールセンター

  • 電話:0570-077-122(ナビダイヤル)
  • 受付時間:平日9時から18時(年末年始は除く)

事業に関すること

川崎市 健康福祉局保健医療政策部 保健医療政策担当

  • 住所:〒210-8577 川崎市川崎区宮本町1番地
  • 電話:044-200-1218
  • ファクス:044-200-3986
  • メールアドレス:40iryose@city.kawasaki.jp

この記事では、「かわさきTEKTEK」の概要、ポイントプログラム、寄附の仕組み、アプリの使い方について詳しくご紹介しました。

「かわさきTEKTEK」では活動内容やイベント、活用状況などをInstagramX(twitter)で発信していますのでぜひご覧ください。

家族全員で楽しみながら健康を促進し、子ども達の学校生活にも貢献できる「かわさきTEKTEK」を利用して、みんなで元気に過ごしましょう。

【関連情報】

この記事のライター

関連する投稿


「子育て支援員研修」で子育て支援の担い手として活躍しよう!

「子育て支援員研修」で子育て支援の担い手として活躍しよう!

神奈川県では、子育て支援に関心のある人が必要な知識と技能を身につけるための子育て支援員研修を実施しています。研修は地域保育、地域子育て支援、放課後児童の3つの研修コースがあり、受講後は「子育て支援員」として認定されます。この記事では、研修の内容や申込み方法について紹介します。


中原区の健康サポーター「食生活改善推進員」の活動内容とは?

中原区の健康サポーター「食生活改善推進員」の活動内容とは?

中原区の食生活改善推進員は、地域住民の健康をサポートするボランティア団体です。地域での食育や健康づくりを目的に、多岐にわたる活動を行っています。この記事では、中原区食生活改善推進員の活動内容や参加方法についてご紹介します。


最新の投稿


タワーマンション内でコミュニティを築き上げた笹田恵子さん

タワーマンション内でコミュニティを築き上げた笹田恵子さん

かわさきFMのパーソナリティとして、また、イベントのMCとして活躍する笹田恵子さん。学生時代は深夜のバイトをして家計を助けていた一面もあります。一方で、武蔵小杉のタワーマンションの住人として、マンション内のコミュニティづくりにも積極的に関わってきたとか。どのようなコミュニティを築き上げたのか、お話を伺いました。


「子育て支援員研修」で子育て支援の担い手として活躍しよう!

「子育て支援員研修」で子育て支援の担い手として活躍しよう!

神奈川県では、子育て支援に関心のある人が必要な知識と技能を身につけるための子育て支援員研修を実施しています。研修は地域保育、地域子育て支援、放課後児童の3つの研修コースがあり、受講後は「子育て支援員」として認定されます。この記事では、研修の内容や申込み方法について紹介します。


川崎市青少年フェスティバル実行委員募集!イベントの企画・運営に挑戦しよう

川崎市青少年フェスティバル実行委員募集!イベントの企画・運営に挑戦しよう

川崎市青少年フェスティバルは、青少年自身が企画・運営に主体的に関わることで、社会参加の促進や達成感、自己有用感を得られる機会を提供することを目的としています。この記事では、フェスティバルの概要と令和6年度の実行委員募集についてご紹介します。


障がい者の就労を支援するコミュニティカフェ「メサ・グランデ」

障がい者の就労を支援するコミュニティカフェ「メサ・グランデ」

武蔵新城駅から徒歩2分、「メサ・グランデ」という地域の方々が利用するコミュニティカフェがあります。木目を基調とした店内は、天井が高く落ちつきのある空間です。一方で、このカフェは就労継続支援B型事業所として、障がい者の就労を支援する場でもあります。どんなことをしているのか、施設長の前田瑞穂さんにお話を伺いました。


『未来(あす)を生きる力を培う』を保育理念に掲げる「日本保育サービス」

『未来(あす)を生きる力を培う』を保育理念に掲げる「日本保育サービス」

「アスク武蔵小杉保育園」や「アスク新丸子保育園」など「アスク」ブランドを中心とした保育園を運営している「株式会社日本保育サービス」の保育部長の杉田俊輔さんと酒井春代さんに経営理念や保育理念、保育の質を高めるための施策などを伺いました。


区民ライター募集